■ 「 キャッチボール 」

■ 解 説 ■

 「夢の祭」「お散歩」の松田彰監督が発起人で始まった、5人の監督のオムニバス映画「Born in the 5」。その一篇として制作された短編作品。

 主演には「黙って前見て運転せよ」「YES WAY OUT」などパワフルな演技で圧倒的存在感を見せつける鈴木明日香と、「ガソリンゼロ」「駅にて、状況。」など、飯野作品でもその軽妙な演技でおなじみの阿部英貴。

 スタッフは、共同脚本に「ガソリンゼロ」の原作者・奥田徹、音楽は同じく「ガソリンゼロ」の米山典昭が今回は音楽監督として力を揮う。

・第3回ぐんまショートフィルムコンクール 「グランプリ」 受賞
・第10回水戸短編映像祭 コンペティション部門ノミネート

 

■ 物 語 ■

 ガランと何も無くなった、その部屋。ただひとり部屋に寝転がる女。手にした赤いボールだけが彼女の相手。楽しいのか、悲しいのか。退屈なのか、面白いのか。女はボールを見つめ、転がし、また拾う。

 突然、部屋に入ってきた男。女から投げられたボールは彼にとって女そのもの。嬉しいのか、焦っているのか。切ないのか、張り切っているのか。男はボールを投げ返し、受け止め、また投げ返す。何もない部屋で繰り広げられる、他愛なくも、後に引けない二人の男女の物語。

 


[ CAST ]

女 /
男 /

鈴木明日香
阿部 英貴

[ STAFF ]

脚本 /
監督・撮影・編集・音響 /
音楽監督 /
録音 /

奥田 徹・飯野 歩
飯野 歩
米山典昭
伊東佳江

協力 /

松下電器
APPLAUSE SYSTEMS Co.
DVワークショップスタジオDU

製作 /

歩飯野開発機構


2005年 / DV / カラー / STEREO / 19分