…LEDの影響…
LED・
LED照明の店の大豆(1)


2016年1月から水に浸して観察
◇全く同じ大豆(商品、栽培年)を使用。◇これは発芽の実験ではありません。

映像「LEDのリンク


                                            

2/5↑水から出した状態
左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:左上の大豆は白くなり形が崩れている。おそらくこれが腐敗臭の原因だと思われるので除く。
右:左と比べ粒が大きく見え、色も黄色い。芽が太くなってきている。




2/5↑左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:水を新しくしたが1日で白濁し、腐敗臭が強い。
右:臭いは無く、水は澄んでいる。



2/4↑ 左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:腐敗臭が強いので水から出してみた。左上の大豆は腐って形が崩れている。もう死んでいる。
写真中の発芽した大豆はまだ生きているように見えるが、右の大豆たちと比べてみると、なぜ
か芽がくるりとせず、ひょろひょろとしている。力がないのだろうか?
補足:芽が出たように見えた他2粒はおそらく死んでいるかすごく元気がない。腐って形が崩れた
大豆を観てみると、もともと大豆の根になる部分がだらっとして伸びた(芽が出た)ように観えただ
けなのかと思われる。水を新しくし、崩れた大豆を除きこのまま続ける。


右:芽は力強くなって、2つに割れて(時期で土に植えたら)根が張りぐんぐん伸びてきそうである。


2/4↑左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:今朝、白濁が進み腐敗臭がさらに強い。
右:特に臭いは無く、水も濁っていない。



2/3↑左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:昨日より少し白濁、臭いが気になる。
右:大豆が2つに割れて芽(根っこになる)がしっかりしている。水は澄んでいる。



2/2↑左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆

左:昨日水を新しくしたが、1日で白濁し始めた。少し臭いが気になる。
右:水は濁っていない。芽が少し伸びたように観える。特に臭いはない。








2/1 左:LED照明、右:従来の照明(蛍光灯、ハロゲン)の店で購入した大豆
※見やすいように両方とも水を新しくした

左:2粒は少し芽が出たが、細くて弱々しく元気がない。そのまま死んでしまっているように観
える。
  右:5粒全て芽が伸び進行中。芽がくるりとしていて元気があり、緑がかったものもある。



2/1↑
左:LED照明の店の大豆、
右:従来の照明の店の大豆をそれぞれ1か月ほど水に浸した状態

左:水が白濁。腐敗してしまっているのだろうか?
右:水は澄んでいる