会社の印鑑の種類は以下の物があり、その種類と効力は下記の通り。

代表者印
会社の印鑑の中で最も重要な印。代表者印として法務局に印鑑届をしている印鑑で、実印といわれるものである。この届出印以外の印鑑は、代表者の認め印となる。契約書に代表者印を押印し、印鑑証明書(法務局で発行されたもの)を添付すると、会社の代表者が契約を行ったという重要な証拠となる。印鑑証明書の添付を要するような文書には、この印鑑を押印する。

役職者印
「○○取締役之印」、「○○部長之印」などというように、役職者名の刻まれた印鑑で、それぞれの役職上使用する会社の認め印である。役職者は、その担当職務に関し、会社を代理する権限がある。役職者がその肩書きを付して役職者印を押印し、契約を締結した場合、その効力は会社に及ぶ。

銀行印
銀行と当座取引をするため、一般的には代表者印とは別の印鑑を銀行に届出ている。この銀行に届出た印鑑を銀行印と呼ぶ。銀行に届出た後は、届出印の使用によってのみ預金の払い戻し、手形・小切手の振り出しが出来る。銀行は、届出印と認めて支払をしたうえは、仮に無権限者によるものや偽造印鑑だとしても免責される。

社印
「○○株式会社之印」などというように社名が刻まれており、正方形で四角いところから角印とも呼ばれる。社印は会社の外部に対して発行する文書に社名に重ねて押印されることが多く、会社の認め印の一つである。

官公庁に対する各種届出書には、押印、特に代表者印が要求されるものが多く、それ以外の文書については、どの印鑑を使用しても本人が押印したのであれば、その効力は同じである。