site map
風俗営業許可

風俗営業許可申請では建設会社・内装業者との図面上での打合せが必要となることも少なくはありません。そんなとき正確な建築図面の見方が
わからなければ、行政書士として適切な指示もできません。工事が完了し構造上の不備があると言っても、図面をみてしまった以上は、その責
任は「行政書士」にあります。そうならないためにも、建築業界での公用語、製図の知識を身につけておくことは大切なことです。

また、風俗営業許可申請の添付書類は建築設計図ではありませんが、建築製図の基礎知識があれば、誰にでも見やすい、わかりやすい図面を
作成することもできるようになります。単に許可が取れる図を描けばいいではなく、
お客様の手元に残る書類だからこそ美しい図面をというこだわり
も必要ではないでしょうか?

風俗営業許可に必要な建築用語集

風俗営業許可申請では、営業所平面図・営業所求積図・客室求積図・照明・音響設備・防音設備図面は、最低限必要な添付書類で、この図面に基づ
いて
所轄担当官及び風俗環境浄化協会の調査官により検査が進められます。

風俗営業許可申請に携わる者として、最低限知っておきたい建築用語集です。
居抜き物件ならばともかく、内装工事から行政書士がコンサルティングすることは多々あります。新規申請以外でも、変更承認申請(構造変更)と
なれば、
内装業者との打ち合わせは欠かせません。

第一条の二  行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

行政書士の業務のなかで風俗営業許可申請の書類の大部分が、この「実地調査に基づく図面作成」にあたり、他の法律家色の強い業務と比べるとかなり特殊といえるのが特徴です。また手引書の類もなく、メインでもある図面の作成方法や求積の方法など、いったい何で実務の勉強をしたらよいものか?そんな疑問に少しでもお役に立てればと思います。
行政書士に限らず、風俗営業許可申請を自分でチャレンジしてみようという方や、内装業者、インテリア事務所、建築設計事務所で許可申請に必要な図面は何かとお調べの業者様も必見です!

風俗営業許可
建築CAD(JW−CADでの図面作成)

風俗営業許可申請は、多くの先生方が同じ書類を3部作成しているのではないでしょうか?
ひとつは実際に申請に使う正本とでもいいましょうか、もう一つはお客様にお渡しする副本(ひと昔前までは正本・副本の2部申請しておりました)
そしてもう一つが、事務所での保管用の控となります。これを手描きの図面で作成するとなれば、もう気の遠くなるような話です。

幸いにして、このJW−CADはフリーソフトですので誰でも簡単に入手できます。また、元々が建築図面作成用につくられているので、慣れてしま
えば、ペンで線を描くような感覚で作図ができます。最近は建築業界でもAuto-CAD主流になってきましたが、このソフトは高いうえに操作も結構
難しいときているので、風俗営業許可申請の図面であれば必要十分な作図機能をもったソフトになります。