スーパービバホームロゴマーク   毎週日曜日彫金教室
    アクセサリーやジュエリーをつくりましょう! カウンター    .
 スーパービバホーム埼玉大井店の彫金教室ロゴ

【場所】 スーパービバホーム埼玉大井店2階 額装カウンター横『第一教室』
      東武東上線・上福岡駅・西口から 16分 まっすぐ歩いて、五つ目信号左角

【開講日】
 毎週日曜日

【時間】
 Aクラス午前10~12時 / Bクラス午後1~3時 / Cクラス午後 4~6時
    (※ 教室を休まれた時の振り替えが可能)


【見学自由】

【駐車場 2000台】

 (上福岡駅西口より「関越」方面に直進 五つ目信号左角 イトーヨーカドー隣)

詳しくは、下記にお問い合わせ下さい。
   コンタクト
お電話 049-278-7931
彫金・小林教室の詳しい事が知りたいと お申し付け下さい

区切り線

工房いずみトップ
鳥のペンダント
ペガサスの仲間たち
ホイッスル・呼子笛
動物ペンダント まいご札
工房いずみの彫金教室
うれしい楽しい話題
制作室プロフィール
リンクフリーのポリシー
ご質問などありましたら
お気軽にメールをどうぞ

クリック

■ 生徒さん ひとり 々 の『学ぼうと 志ざした動機』を大切にします。

■ 金属を 『削る・切る・熔接する・磨く、宝石を留める』の基本を学んだ後は自由制作ができます。

■ 講師は第一回ジュエリー・デザイン・アワード「最優秀プラチナデザイン賞」を始め、
   パールデザインコンテスト「特別賞」を受賞。 「映画・TVドラマ」の美術協力もしていますので、
   多彩な装身具制作の「基礎」から「完成度の高い作品」作りまで学べます。

■ ジュエリー作家を目指す方の対応もできます。

■ 「流木・貝殻を使った装身具」や「ペット用のアクセサリー作り」などにも対応できます。

■ 
「月途中入会」の方には無料の補習日(時間)を取りますので、入会時期はいつでも大丈夫です。

■ 「制作にかかる費用・時間」は各生徒さんの作品内容によって異なります。
   例えば、シンプルな銀の指輪なら2・3時間で、500円くらいから 
   その他は、「地金の重さ」、「デザイン内容」、「お使いになる石」によります。

■ お持ちの‘使わない金の指輪や作業で出た銀破片は熔かし再び「お気に入りのアクセサリー」に作り変えられます。

■ 車椅子のかたにも対応できます(バリアフリー)

【※注】
当 彫金教室は銀粘土講座と内容が異なる ジュエリー、アクセサリー等の『制作技法講座』です。
約1300℃の炎で指輪を製作中
焼きなまし加工中
宝石のセッティング
ピッチボール
教室風景:20代~60代男女の生徒さんがおります
彫金教室風景
彫金教室案内用イラスト
 みなさん、それぞれ、ご自分のペースで
 指輪・ブローチ・イヤーカフ
 帯留・ブレスレットなど
 思い想いの作品を手がけています

 当教室では基本的にパーツ金具
 など手作りするよう心がけています
TVドラマ用に制作
テレビドラマ用に制作したペンダントトップ
テレビ朝日放映
「新・警視庁捜査一課
9係」のために制作
ペンダント
小桜インコのペンダント

小桜インコをモチーフに
ペンダントを作りました。

講師作品
指輪
京都オパールをセットした指輪
京都オパール、裏にルビー

ブレスレット(バングル)

(純金・純銀・紫水晶)

地金を曲げたり
伸ばしたりして唐草の
パーツを作ります
文鳥ペンダント

ジュエリー用の
ワックスを削り出して
銀に鋳造したもの
眼にサファイヤ
足にブルートパーズ
 講師へ「彫金教室に関するご質問」がございましたら《メール》 izumi@tbk .t-com.ne.jp まで
なお、メールはパソコンがスパムメール処理しないよう
タイトルに必ず彫金の質問とお書き下さい
お返事は遅くても2・3日中にはいたします
   コンタクト  お申し込みは直接レジカウンターか、お電話 049-278-7931
彫金・小林教室の入会とお申し付け下さい

なお、ご入会なさる時に、
ご自分でお使いになる銀・地金代のほかに、
道具代(糸のこ、ヤスリ、ヤットコ、ピンセット、消耗品等)として15,000円ほどかかります。
スーパービバホーム VC’sカルチャー 彫金小林教室(埼玉県ふじみ野市)
埼玉大井店カルチャー彫金教室までの地図

           ◆講師紹介◆
講師近影

◆プロフィール・履歴◆
■ 経験 ■
シルバーアクセから宝飾装身具制作30年
Ptダイヤ入り結婚指輪は2万本以上の制作実績
---------------
◆ 賞 ◆
☆第一回統一創作品コンクール入賞
1988年  日本ジュエリー展 入選
第一回ザ・ジュエリー・デザイン・アワードにて
『最優秀プラチナデザイン賞』受賞
2010年
パール・デザイン・コンテスト《 特別賞 》
---------------
■その他■
TVドラマ・映画の美術協力をしてます
中嶋美嘉「傷だらけのラブソング」 / 松浦亜弥「最後の家族」
森本レオ「年の差カップル刑事」 / 石原さとみ「窓をあけたら」
伊東美咲「海猫」 / 吉永小百合「北の零年」
松方弘樹監督「OKITE」 / 釈由美子「スカイハイ」
今村昌平監督「赤い橋の下のぬるい水」
中村俊介「浅見光彦シリーズ 」
渡瀬恒彦「新・警視庁捜査一課9係」・・・他
---------------
 『ホームヘルパー2級』(^-^)v

教えられること
タグ
シルバーアクセサリー / 宝石ジュエリー / 天然石 /金・銀・プラチナ貴金属装身具制作
彫金 / 指輪 / ペンダント / 帯留め / ブレスレット / 結婚指輪 / 石の加工アクセサリー
貝殻のアクセサリー / 銀粘土・アートクレイ・PMC3用石枠制作
※注
   銀粘土講座と内容が異なります。
   当 彫金教室は一般装身具( ジュエリー、アクセサリー等 )制作技法講座』です 
こんな人向け ■初心者の方からプロ作家志望の方
■銀粘土制作に幅を持たせたい人
■10~60代の方々に対応できます

◆生徒さんは坂戸市・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・入間・狭山市から通われています。
・・・※東京都内から彫金教室に通われているかたもいらっしゃいます。

ここ⇒ クリックで、この彫金教室ページの上方に移動できます  をクリックで この彫金教室・ページの一番上方に移動できます 
工房いずみトップページへ戻る

                                                 宝石の四季に載りました
雑誌「宝石の四季」 宝石の四季に掲載された工房いずみの彫金教室


ここ⇒ クリックで、この彫金教室ページの上方に移動できます  をクリックで この彫金教室・ページの一番上方に移動できます
工房いずみトップページへ戻る

アナタに合った彫金教室の選び方

①アナタが‘いずれ作りたい作品イメージとの関連性

◆ 彫金教室を選ぶにあたって最も大切な事は・・・
アナタが漠然にしろ具体的にしろ
いずれどのようなモノを作りたいかのイメージです

※ 当然ですが、先生によって得手・不得手もあります。


ですから、
アナタの目指す「創りたい作品(イメージ)」によって
教室選びがハッキリします

それには先生の扱っている素材」(銀・金・プラチナや飾りの宝石等
先生の「作品/作風」を見た時、
先生の作品が「好きか嫌いか」の判断で教室選び
すれば良いと想います。


②先生との相性

◆ 先生との相性は《すべてのカルチャー教室選び》で
たいへん重要です


では、相性を感じる(知る)ためにはどうしたらよいでしょうか?

※たいがい どこの教室も 見学は自由ですから

気軽に訪ねて行き、質問や疑問に対しての対応などから
先生の人柄を感じられると思います。


③月謝等について

◆ 一般的には¥10,000円~20,000円くらいですが

当然
「内容や時間や回数」によっていろいろです。
入会金が必要な所やチケット制の所もあります

都合で休んだ時の「振り替え日」を取れる 教室は
生徒さんには嬉しいシステムだと思います。

④教室の設備

◆ 彫金教室一番重要な設備作業台)です

※ 作業机は体重をかけたヤスリがけで「ブレない」ある程度の重量
糸ノコを使うので
スリ板を固定する高さ(位置)
床から85cm~90cmが望ましいです。

(通常の机やテーブルの高さですと約70cmですので、
      .
制作作業が猫背を強いられ健康に良くありません


⑤定員

◆ 経験上ビギナー・クラスは7人以下が望ましいです

何故なら、
7人クラスで同時に質問される時(多いとき)は4人でしたので、
一人
「1分間で問題を解決」したとして4人目の生徒さんは3分待つことになります

3分待つって長いですよねぇ・・・生徒さんに待ってもらう限界時間だと想います。


⑥先生の『質・技量』

 とても大切な事ですが、

「名選手が名監督に成る」とか「自動車教習所の良い教官はF-1ドライバーだ」
なんて事聞いた事がありませんよね。

生徒さんに大切なのは、
ウマが合う教え上手な先生に逢える事ですね♪
コレも「教室見学」で 感じはつかめると思います。


⑦その他・・・場所カリキュラム

◆ 通うには交通の便利な処が良いです通いやすい所がいいですね♪

基礎的な工具の使い方や危険防止のポイントを学んだら
柔軟な対応で自由制作できる所が
「のびのびできる」のではと想われます


※ ビギナーでも今は いろいろな冶具や道具もあり、
作品に合った「手法を考え、作り方を工夫」すれば
時間はかかりますが、
プロと同じようなモノができます。

そうしながらでも進歩していく「技術」を使い
その時々の「技量に合った道具」を用いて
より完成度の高い作品作り
をしていけばよいと想います。


彫金教室から学ぶ
技術的な事について
自分の技量は知らず知らずに身に付きますので
以下の事から技量進歩を推し測れると想います。

また、以下の事が すべて上手くできなくても、
作品創りは『感性の表現』ですから心配することはありません。

ただ、
『表現の手段としての技術』なので、身に付ければ
時間や手間の掛からない「ストレスのない制作」ができるようになります。

①削る
ヤスリ使い
全長26cmの「中目ヤスリ」で貴金属をサクサク削れるように成ったら『ヤスリ使い』は及第!

②切る
【糸のこ使い】
縦横50mm,厚さ1mmくらいの銀板を 「押し切り」でも「引き切り」でもストレス無くカットできて、
 幅5mm長さ70mm厚さ2mmの銀板の真ん中に縦に25mmくらいまっすぐに(裏から見ても同じように)
 カットでき、ノコ刃を「ヤスリ」のように使えたら『糸のこ使い』は及第!

③着ける
ロウ着け技術】
火口を固定し、ピンセットを両手で使い
 空中で「ロウ着け作業」が普通にできるように成れば『ロウ着け加工』は及第!

④挟む
ピンセット使い】
K-20(RR)ピンセットを使い(先端を自分流に加工して)、メレ・ダイヤ(1/40くらいの大きさ)を
 つかんでは(左右どちらの手でも)他の「入れ物に移す」行為を続けて行っても
 メレ・ダイヤを飛ばさないようになれば『ピンセット使い』は卒業!

⑤叩く
【鎚打ち使い】
角線を叩いて地金全体を「潰したり、伸ばす作業」で、加工中に
 角線地金が【 ~ 】のように曲がらず、まっすぐ【 ー 】のように加工できれば、『槌打ち使い』は卒業!

⑥打つ
刻印入れ】
均等な深さで、複数の刻印をリング内側に「横一列まっすぐ打てる」ようになったら
 『刻印打ち』は卒業!

⑦磨く
【研磨仕上げ技術】
『球鏡面研磨』した面に映り込む「長めの直線蛍光灯」が‘メラメラと 歪まなかったら
 『研磨仕上げ』は及第!
※平面の鏡面仕上げで蛍光灯がメラつかず歪まなかったら『研磨仕上げ卒業』です。

⑧研ぐ
【刃物研ぎ技術】
「キサゲ」を砥石で切れ味良く‘砥げるようになったら、『キサゲ研ぎ』は卒業!
 ※ その時は手の動きに「ブレ」が無くなったので『ヤスリがけ』も上達しています

⑨溶かす
地金溶解伸延加工技術】
皿チョコで50gほどの金 あるいは銀端材を溶解し、‘あけ型に あけたモノを
 大型金槌でたたき地金をシメ、なまし、ローラーがけをして3mm角線くらいまでほとんど、
 ひび割れを発生させずに独りで 加工できたら『(金・銀)地金溶解・伸延加工』は卒業!


ここ⇒ クリックで、この彫金教室・ページの上方に移動できます  をクリックで この彫金教室ページの一番上方に移動できます
工房いずみトップページへ戻る


工房いずみの彫金教室 豆知識


最初の一歩
工房いずみの彫金教室では、      .
まずは簡単な銀の指輪を作ります
自分の指サイズをリングゲ-ジで測り、
その直径の約3.1416倍が内径になります
#サイズ 直径(mm)
内径(mm)
13 40.8
14 44.0
15 47.0
10 16 50.3
13 17 53.4
16 18 56.5
19 19 59.7
22 20 62.8
25 21 66.0
28 22 69.0
地金取りの長さは外径に左右され
ますので、作る指輪の厚みにより
異なるので注意しましょう


銀板材を輪に
します

必要な長さより やや短めの銀の板材を
焼きなまし」してから ヤットコと木槌を使い
リング状にして、ヤスリや糸鋸(のこ)
合わせ目を「ぴったり」させます

糸のこ刃の
取りつけとは

糸鋸の刃は通常『押し切り』にセットして
使いますが、透かし切りをする時は
刃先を逆にして引き切りに変えます

加工硬化とは
金属の加工作業により金属内部結晶に
ズレが生じ、粘りがなくなり
硬くなる事を言います

金属疲労と表現される時もあります

焼きなます
とは

加工硬化した金属を加熱して
元の結晶配置に戻す事をいいます

「なました」後は当然 地金に粘りと柔軟性が
復活します

ろう着け

ろう着け箇所(合わせ目)にフラックスを着けて
「銀ろう」をのせて、ろう着けをします

この時、『銀』は金属の中でも熱伝導が
大変良いので、全体を温めるようにしながら
 ろう着けするのが‘コツ,です

ろう着けとは
金属と金属を『ロウ』を使い加熱接合する事です
フラックスとは
酸化皮膜除去材の事です
ロウとは
(ここでは
彫金教室で主
に使用する
銀ろうに
ついて
説明します)






分とは


銀ろうの
銀含有率とは

銀ろう 作業温度 銀含有量
2分ろう 820℃ 約80%
3分ろう 780℃ 約77%
5分ろう 750℃ 約70%
7分ろう 720℃ 約60%
9分ろう 730℃ 約50%
早ろう 620℃ 約50%

※ 『分(ぶ)』とは重量比で銀10に
対し加えた銅の重さを言います

【例】 7分ろうは銀10対銅が7なので
銀含有量は10/17なので58.82%
となります

貴金属および
主な割金の
融点と
比重とは

貴金属と主な割金 融点℃ 比重
プラチナ 1772 21.4
パラジウム 1552 12.2
純金 1063 19.3
K18(4分6割) 905 15.5
純銀  960.5 10.5
950銀 960 .
925スターリングシルバー 893 10.4
1083  8.92

比重の知識の
必要性とは
ロストワックスでのキャスト(鋳造)上がり予想
付き目の計算時に比重を知っていると便利です

「ハタシ」ます

銀に付着したフラックスや酸化皮膜を取り除く
ために約15%希硫酸に10分位
漬けておきます

その後に充分水洗いして下さい。
ハタシとは
上記の「酸洗い」の事を言います
銀が黒くなる
『硫化』とは





硫黄温泉



古美仕上げ
とは

銀は鉄などと比べ たいへん
酸化しにくいのですが、
空気中の硫化水素と化合して表面が
黒色になります。
これは「硫化銀」という化合物です。

草津温泉や箱根温泉のような硫黄温泉に
銀のアクセサリーを身に着けてはいりますと
アクセサリーはたちまち黒変(硫化)しますので
ご注意して下さい。

この化学変化を利用し銀のアクセサリーを
黒着色して、アンティーク風に
仕上げたりします(古美仕上げ)

白仕上げとは
方法その①



方法その②



あと処理

◎ 50%硫酸の中に加熱した作品をジュッ!と
入れるのを何回か繰り返します
飛び散る硫酸と発生する亜硫酸ガスに注意

◎ 10~20%希硫酸に 作品を漬け40分ほど 
ゆっくり煮ます
吹きこぼれと、ろう着部やパーツの劣化に注意

後に水洗いしながら毛ブラシに重曹をつけて
軽くこすり、水洗


※ 必ず経験者の指導のもとで作業する事
希硫酸の
作り方とは



絶対しては
いけない事
とは
濃硫酸1.5 : 水10位にします
濃硫酸は必ず水の中にガラス棒などに
伝わらせるように、ゆっくりと水に注ぎ
つつ、撹拌をたびたびする事

絶対に濃硫酸の中に水をいれては
駄目です!

急激な発熱で容器が破損したり
硫酸が飛び散って危険です

形を整える

焼き入れしてある「芯金」にリングを通し木槌で丸くして、必要なら金鎚で
均等に叩きながら望みの
リングサイズにします

芯金とは










ブレスレットの
長さとは

鋼鉄製で長さ40cmくらいでおもさ800g
くらいのテーパーの付いた棒で、
指輪の形状を直す道具です

これに似たものは小さい物で真珠枠作り用や、
やや太めのコイン枠作り用が有ります

最大な物は、バングル(ブレスレット)用が
有ります

《参考》 ブレスレットの長さは通常
女性用は全長18cmで
男性用は全長21cmで
作られています。


ヤスリがけ
 
 当 『彫金教室』では、シンプルな
デザインの銀指輪を最初に作って
いただきます

基本作業の‘さわり,を知ってもらうのが
目的ですので、
地金取り、糸鋸の使い方、ろう着け、
すり出し(ヤスリがけ)、研磨法
まずは、なじんでいただきます


磨く(研磨)


「シリコン・ヤスリ」や「ビニル砥石」を使い
最後に『青棒』(研磨剤)を使い
バフがけによる仕上げ
をします

研磨法とは




ウィノール


銀粘土









青棒・白棒

一番簡単な仕上げ法はステンレス金ブラシで
製品に重曹と水をつけ、たんねんに擦ります。

次に簡単な方法は上の方法の後に
「へら」がけをして「ウィノール」(研磨剤)を
セーム皮につけ、力を入れ磨きます。
以上は『銀粘土』の特性を活かした研磨法で
『銀粘土』仕上げに広く行われています。


『彫金教室』で扱う銀素材は
「銀粘土素材」よりもはるかに密度が高く
『粘りと硬さ』が有るためにシャープな面
ハッキリ出したり、メタルの美しさを
表現できる
ので
最も「きめの細かい」研磨剤
「青棒」や「白棒」を使用します

刻印とは





直と曲


朱文と白文
 
刻印は普通②の前か⑦の前に
打ちますが、製品のデザインや形状に
よっては、仕上げ後に打ちます


刻印はその形状から『直』と『曲』があり、

打ち付けた様相から分けると
『朱文』と『白文』があります。

『白文』は『朱文』にくらべて打ち付けに
圧力がかかるので細いリングには
深く打ち込むのが難しくなります。

『朱文』はテーパにより当然打ち込み深さで
文字の大きさが変化します

  
特別編

端材の再生

当 『彫金教室』では、作品を作る時でる
銀の端材を溶かして「銀の角棒」に
再生し、ふたたび作品作りに使います

パーツを作る
クラスプ
丸線
パイプ

当 『彫金教室』では必要に応じて
留め金(クラスプ)や丸線(銀のハリガネ)、
丸管、銀パイプ、銀の鈴などの作り方などの
指導も いたします


ここに発表しているのは、お許しを得た生徒さん達の作品です。
彫金教室生徒さんの作品・・・①
生徒さんの作品・天使1生徒さんの作品・天使1横から
生徒さんの作品2生徒さんの作品天使2
生徒さんの作品3指輪(上) 生徒さんの作品3指輪
生徒さんの作品4指輪 生徒さんの作品4指輪(横)
生徒さんの作品5クロス Etukoさん
Design & Made by Etuko・O

彫金教室生徒さんの作品・・・②
生徒さんの作品6銀のブレス 生徒さんの作品6アメシスト飾りの銀製ブレス
  
紫水晶を飾って『ケ セラ セラ』 の
文字を彫刻しています








Yosikoさん
 Design & Made by Yosiko・K
彫金教室生徒さんの作品・・・③
生徒さんの作品8銀と金のコンビリング 生徒さんの作品9真珠飾りの銀指輪
Katukoさん
Design & Made by Katuko・K
生徒さんの作品10クールでシャープなシルバーリング
彫金教室生徒さんの作品・・・④
生徒さんの作品11シルバーリング生徒さんの作品12異素材(羽)を取り入れたブローチ
制作期間 2ヶ月剣にすがるように子供のドラゴンが羽を休めています
生徒さんの作品13子供ドラゴンのペンダント14穴を開け、瑪瑙を台座にしたオブジェ


生徒さんの作品15鍵形・CZ飾りのペンダントチャーム
Arataさん
Design & Made by Arata・K

彫金教室生徒さんの作品・・・⑤
生徒さんの作品16音符のペンダントチャーム 生徒さんの作品17/音符のピンブローチ
M さん
Design & made by M F
彫金教室生徒さんの作品・・・⑥
生徒さんの作品 指輪18         揺れるクリスタルの指輪
RKさんのイメージ
Design & made by R K

ここ⇒ クリックでこの彫金教室ページの上方に移動できます  をクリックで この彫金教室ページの一番上方に移動できます
工房いずみのロゴマーク電話/FAX ・・・049-245-8091 メール izumi@tbk .t-com.ne.jp  日曜日はお休みです
このホームページに掲載した作品の複製品の制作販売、画像及びコメントの無断転用を禁じます
Copyright(c)4/2005 工房いずみ All Rights Reserved