工房いずみトップへ戻る
次は京急:上大岡駅京急百貨店 7F 小鳥アートフェスタin横浜
8/29(水)〜 9/3(月) 全日10:00〜20:00
 2018年内イベントのお知らせ
8月29日(火)〜9月3日(月) 6日間 横浜:京急百貨店 「小鳥のアートフェスタ
11月10日()〜11月11日()   2日間 東京ビックサイト  デザインフェスタ48 
その他、状況によって 関東、東海のイベント参加を考えておりますので 決定いたしましたらお知らせ
いたします
 

     工房いずみの彫金教室のご案内        
工房いずみのショップサイト
工房いずみminneショップサイトに跳びます
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット iichiロゴクリックで
イイチ
工房いずみ/ショップ跳びます
工房いずみBASEのショップサイトに跳びます
creema
ただ今サイト再構築中
工房いずみのアメーバーブログ
 【アメーバーブログ】工房いずみのインコ文鳥動物まみれ


この【題名】しがみつきインコ指輪 は、
ご主人を好きで々たまらなくて
ヒシッ!とご主人に シッカリ しがみついている様子を
少し擬人化して創ったので、
画像からは、小鳥(インコ)が
『しがみつく愛らしさが`ほんわか暖かく』伝わるように
撮り直しをしました。
また、造形上は「指に触れる内側」を
まろやかで優しい仕上げに気を配りました。

 長い記述ですので
お気軽に 以下はスルーしてくださいませ。

いま、このホームページを

「パソコンやタブレットやスマートフォン」で
観ながら、時間の有る時に修正・更新しています。

想えば、3年ほど前に
ホームページを作っていた「XPパソコン」が
起動しなくなってホームページ更新ができなくなり、

新しいパソコンにしても、
XPで創ったホームページをどうやって更新していいか
まるで解らなかった。

パソコンに詳しそうな人に聞くと
サーバー上のをダウンロードして
それを・・・FTPで なんちゃら するれば良いと・・・

んな事。。。
???判んない・解らない・わかりましぇ〜ん!です。


それから、ず〜っと悩みつづけているうちに
「新しいパソコンWin7」は古くなって挙動不審に(笑)

時代はすでに「Win10」になっている

・・・悩んだ。

自分のホームページを更新させたい。
ショップサイトをオープンさせたい。
Twitterやアメブロとホームページ、ショップサイトを
連動させたい。。。

お金をかければ、
んなのメッチャ楽勝ですが、
基本 ウェブサイトにお金はかけたくない。
実際、ゆとりもないし・・・ホンネ(笑)

それに、
他人に頼めば、更新に時間がかかりすぎる。

WEBの世界は悠長なことを言ってられない。

古い情報を発信しつづければ、
管理者:工房いずみの仕事姿勢を問われる。

私は、
ネットサーフィンして たどり着いた所の情報が
「過去の停止した時間」のままだと知った時
ネットの大海に消えていったであろう
サイト運営者を想い さみしさを感じる。

お客様にその様な想いをさせたくない!
(と、独善的に 前向きに想う。。。)

ですから、
完全にXPパソコンが停止する直前の
ある朝、運良く、起動したのを見逃さず、

これぞas soon as・・・チャンス!!と
工房いずみのホームページに
ソッコォー アメーバーブログへの
『リンク付けコメント入力』した。

今、想っても「本当にチャンスだった」
その後、とても信頼でき、
長い間いろいろな事を教えてくれた
XP君は永眠する・・・・・

なので、この『嬉しい事 楽しい事』のサイトに
来て下さった人は、「時間の停止」を覚りながらも
アメーバーブログ「工房いずみ」に跳べたので、

そこに、
いつもの私が
いつものように
元気でいるのを知り、
お客様や友達は
安堵したかも と勝手に解釈して
心の平行を保っていました。ホント♪

でも、何とかしなければと考えていました。

Win7もガタが来ている。
電源コネクターやバッテリーやスピーカーや
点灯すべきパイロットも一部消えている。
満身創痍・我がWin7パソコン

悩んでいる時間が無い!と

とにかくWin10を買うことにした。

初期設定・メール設定から始まり
プロバイダーさん、PCのメーカーさん、マイクロソフトさんなど
思いつく あらゆる処に「解らない事をお聞きし」、
Win7と まるで様相の異なるWin10パソコンを
『いぢり倒して慣れる』しかないと考えた。
多くのパソコン関係サポーターさんは
たいへん ご親切に対応して下さったのを
感謝いたしております。
ありがとうございました・・・
毎日が日曜日自営業の強み
(あかぁ〜ん!毎日が月曜日にしなければぁ・・・)

で、10日間ほど 毎朝4時とか5時に起床したら
すぐ『パソコンいぢり倒し』の「引きこもり」
昼食も忘れるほど 眠るまで頑張る。

だいたい こんなに一生懸命に勉強したのは
かつて無い(笑)

おかげさまで、なんとか成りましたが、
まだ まだ 改良・改善するところは多いですので、

少しづつ前進いたします。

工房いずみ 微速前進!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きの追記
プロバイダーさんから使用許可されている
ホームページ枠を超えそうで
テキスト(文字)だけの入力なら
ゆとりですが

画像は重たいから
アップができづらくなったので、
経費のかからない問題解決策を模索しています。
が、
なにがしかの追加料金で
スペース量を増やすしかないのかも・・・


秋口の百貨店イベントが終わったら
サイト増量?を考えようと思っています。

さきほど、
よく眠った感じで
もう5時頃かなと確信して目覚めたら
今 午前2:30だ(笑)
で、
いつものように 中指1本で
ポコポコ キーボード操作で
更新しています。

家人が寝静まった時刻は
穏やかな時間が流れている。

パソコンファンの音が
いっそうの静寂をかんじさせます。

さ、また 寝っかぁ。。。
目覚めたら 素晴らしい日が
始まりますように・・・





ここに紹介いたしました作品たちは
 工房いずみのショップサイト
お買い求めできます

. ↑文字上をクリックしますとショップに行けます

新作です

ただただリアルっぽい「可愛いウサギさん」を作りたかった。
この下がった耳をロップイヤーと言うそうです。

耳をピョンと立てた なじみのウサギさんも創りたいですが
耳が立った金属ウサギさん・・・ちと危険ですので、
デザインを練っています。




商品名【ぶら下がりインコ・ペンダントトップ】
副題【あらよ!っと】です(笑)

この原型を創るには熟成期間を含め
多くの時間が要りました。

くちばし」や「首の長さ」を調整したり、
どうしたら「ヤンチャでお茶目っぷりの可愛らしさ」を
表現できるかがテーマでした。

また、どこから観ても大丈夫な立体デザインにしたかったので、
大きさと重量も課題でした。

それに、動きも表したかったので
紐のカタチやディテールにもこだわりました。





『どうして、このカタチにしたんですか?』
教室で生徒さんに聞かれた。

『この猫は今 獲物を捉える寸前だから、
頑張る人が目標達成できますようにって言う
祈りをこめたカタチのデザインにしたかったんだ。』



銀好きさんへ 読んで下さいませ
.   銀製アクセサリーのお手入れ法
     シルバー製品は      .  
鉄ではないので、錆びる事はありませんが、
空気中の微量な「硫黄分」と反応し、
硫化銀という(茶〜黒色の)化合物になります。

これは、成分に硫黄が含まれる‘箱根温泉や草津温泉
シルバーアクセサリーを身に着けたまま入浴すると
たちまち変色するのと同じで、
この化学反応を利用したのが『いぶし銀加工』です。

温泉で変色させてしまったら、
水で洗い、
ティッシュなどで抑えるようにして水分を取り除き
「東急ハンズ」などに売っている
スピーディップ(S /¥1000円くらい)という
液体薬品に浸せば、元の輝きが簡単によみがえる
私も使っている「優れモノ」です。
【宝石が付いているアクセサリーや銀以外の金属に
使用すると、トラブルの原因になりますので、
必ず 使用説明書をお読みください】


銀製アクセサリーは変色してから日数が経ちすぎると、
スピーディップで「変色を取る事ができても」
硫化腐食で、
。。。雪が白く見えるのと同じ様に
表面乱反射で`テリ(光沢)は戻りません。

これ(光沢)を復活させるには、
シルバー磨きクロス(研磨剤が付いた布¥350円くらい)
で「こすり磨く」チカラワザ(笑)か、
お買い求めたお店に行って『新品仕上げ』
(¥2000円くらいから→加工料は手間によります)
を頼むしかありません。

(*´∀`)ノ【宣伝でぇす】ヽ(´∀`。)
「新品仕上げ」は工房いずみでも可能です。
勿論、「
工房いずみでお買い求められた品物」は
いつでも無料でお直しいたします。
 申し訳ありませんが、
 その時の「ご送料はご負担ください」ませ・・



◆銀の黒ずみ(硫化)を嫌って、メッキしてある品物は、
メッキで、銀特有の優しい温か味ある輝きを失いますし、
メッキが剥がれた処は当然 硫化するので
‘マダラ模様のようになってしまいます \(* ̄O ̄*);

こまかい細工の銀製品にメッキが施してあると、
加熱の溶接合
(「ろう着け」といいます→「はんだ着け」より高温加工の事)
修理で、『製品が全体が‘汚く変色』し、
これを完全に除去できないため通常の修理はできませんので、
レーザー溶接」になります。


☆いろいろな銀の硫化防止策を試みましたが、
【一番良いと思われた方法】は
メッキやその他のコーティングなどしないで
三〜六ヶ月ごとに
硫化除去液とシルバー・ポリッシュ布を使い綺麗にするのが、
銀のやさしい輝きを維持できるとの結論に至りました。

☆・・・身に着けた肌着を洗濯するように・・・
どうぞ アクセサリーのお手入れも して下さいませ \(´0`*) 


(記事がベイス・ブログと重複していますので
BASEからきたかたは 飛ばしてくださいませ。。。)


カラスをモチーフにアクセサリーを考える
カラスは害鳥と言われていますが、
私は、利発なカラスがけっこう好きで、
今年は

カラスをモチーフにしたアクセサリーを
『人とカラス が仲良しだった頃』のおだやかな時代を
想いながら作りたいと想っています。・・・


【夕やけ こやけ】
中村雨紅作詞 草川信作曲

夕やけこやけで 日が暮れて
山のお寺の 鐘がなる
お手々つないで みなかえろ
『からす』といっしょに かえりましょ

【七つの子】
野口雨情作詞、本居長世作曲

『からす』なぜ鳴くの
『からす』は山に
可愛い七つの
子があるからよ

可愛い 可愛いと
『からす』は鳴くの
可愛い 可愛いと
なくんだよ

山の古巣(ふるす)に
行って見て御覧
丸い眼をした
いい子だよ

・・・・・
★私の住んでいる処から自転車で5分もいくと
 雑木林の中に「道祖神」があります。


★もう少し行けば、日本むかし話の「傘地蔵」を想わせる
 赤い布を着けたお地蔵さんが並んでいます。

そんな道端で、
夏の終わりに ひぐらしの声を遠くに聴きながら、
夕焼けを背景に鳴きながら飛んでゆくカラスを見ると、
はるか幼い時に帰ったようで たまりません。

↓【東の方の景色】




猫モチーフの指輪を創りたいと想ったのは、
1年以上前だった。
もともと 動物のような立体造形は苦手で、
7年くらい前に猫の造形で挫折している。

私が修行した工房では、一般的な
貴金属宝飾装身具の完全手作りをしていた。

そこで驚いた事は、
百貨店通販用の「エメラルド周りにダイヤを付けた
プラチナ指輪」70本を工房の皆で作った時に、

「型を取った品」を仕上げる事はせず、
親方から与えられたプラチナ地金で
エメラルドの石座から メレ(小粒)ダイヤ枠、リング部分まで
スタッフ全員がそれぞれ同じデザインの品を
作ったにも関わらず、
「出来上がり品 重量」が全員 ほぼ同じになる・・・

修行場っていうのはそう言うものなのだろう・・・

話しが猫さんから どんどん離れますが(笑)

私の先輩が作った品物はプラチナのφ0.5mmの針金から
細かいメレダイヤ、テーパーダイヤ枠 一つ一つが
手作りなのに 完成した品物は息を?むほど完璧だった。

その先輩が某ノーベル賞受賞者の奥様の指輪を作って
納品したら、最初『この指輪には心が無い』と返された。

・・・想うに、
職人の技が凄すぎるとすべての無駄がそぎ落とされるから
そこまでの素晴らしさを「読める」人はあまり居ないのかも・・・


・・・多くの「展示即売イベント」に行くと、
『作りの未熟』が「手作り」だと思っている作家さんもいます。
また、未熟だから「作りに時間がかかりすぎ」、
それを「価格に上乗せ」するのはお客様に失礼だと想うが・・・

駆け出しの作家さんが「利を追いかける」と、
技術の進歩が遅くなり、小手先で作りはじめ、
学ぶ事をおろそかにし、
いずれは忙しくて疲れるだけの日々になると想います。

技術の習得はハタから見ると
スポーツの「毎日素振り、打ち込み1000本!」みたいに
「ただひたすら同じ事の繰りかえし」で、
道具が手足の延長に成るまで頑張る
「つまらない事」ですが、

当の本人は、「目標に向かう過程」なので苦労は感じないもので、
それができて、初めて
『作家のスタートライン』に立てます。

そのような時に
「利を追いかける」と当然 技術は身につきません。

いつも言っていますが、
『技術は表現の手段です』

技術がないと表現するに時間がかかり、
良いモノを作ろうとするチカラは
「作りの工程」でエネルギーを使いすぎて
完成度が悪く「ムラ」が生じやすくなります。

猫さんの具象造形の話しに戻りますが、
私は数年前まで、「動物の具象立体造形」がとても下手でした。
修行時代に作った事が一度も無かったからです。

今、なんとか お客様に喜んでいただけるように成ったのは
ただ ひたすら『作り込んだ事と観察した事』です。

ハシビロコウ指輪を作る前に
二日間 上野動物園でハシビロコウを
朝から夕刻までストーカーのように 観ていました。


・・・猫さんのモデルは
何年も一緒に暮らしていた「たま」さんです。

何年間も寝起きを共にしたというのに・・・
カタチにしようとすると、どうしてもできない。

いったい彼の何を観ていたのだろうかと思いました。

最近は「毛の生え方」や「体の線の流れ」とか
「何が可愛いのか」想いながら動物を観るようになりました。


さ、
きょうも がんばるべぇ


◇長年使っていたバフ(研磨用)モーターが壊れてしまったので、
モーターを買って(中古だよ(´0ノ`*))。。。
それに合わせた集塵器を作りました。

構想:一日30分くらい、1週間(この時間が一番楽しいです♪)
制作時間:15時間(1日半)                     
材料費:木材、布やすり、カッター、アクリル板、ペンキ、ハケで
合計6413円。



家に在った振動減少板(5ミリ厚のゴム板です)を敷き、
モータをボルト(道具箱の中から4個 見繕って)で締めて試運転、
『音も振動もたいへん小さく、快適作業』ができ大満足♪

後ろの穴に掃除機ダクトを繋げ、
掃除機本体は部屋の外に設置。
こうすると、部屋は汚れずにすみます。

モーターの上は棚のようにして
「研磨する品物」を置けるようにしました。

◆中古のモーターもペイントして白基調(笑)
ご存じのように、
すぐ研磨剤などで真っ黒っぽくなりますが 、
ペイントすると掃除効率がいいんです。

性能は、市販品と同等かそれ以上だと想われます。
なにしろ、掃除機の吸引力って凄いからねぇ♪
◇市販の集塵「機」・集塵「器」セットで
20万円を越す品物以上のパワーが有る感じがします。

以前も同じように作った
「木製モノ」を使っていましたが、
冬の作業は暖房していても、
吸い込みの風力で手首が寒いほどでした。




ふと、思い出した・・・むかぁし アルバイトをしてた時に
知り合った「写真家のさん」

有名だが‘媚びない表現はメディア受けしないせいか
アルバイト生活をしてた。。。

ある日の昼休み、彼とくつろいで居る時に・・・・

10歳以上 年上の彼が ポッツリとつぶやいた。。。。

『僕は 息のしやすい処で生きていきたいんだよ』

私はこの言葉を聴いて
この言葉が
『人生のテーマ』になった。



『息のしやすい処で生きていく』
今また、一歩 近づいていそうな感じ・・・



ときどき、プラチナリングの「サイズ直し」は頼まれるけど、

今回、お客様の注文で
『婚約指輪をペンダントチャームに作り替え』

-----------------------------------

ダイヤを外した指輪を熔かして まぁるく固まったのを

‘ねばりのある地金にするため金槌でガンガン叩いて
地金をシメて、 それを‘なます(加熱して加工硬化を取り除く事)
これを何回か 繰り返してから、

ローラーで伸べ、平板にしたものを
『石の枠と 』
Pt900の刻印を打って
『バチカン』(チェーンを通すパーツ)にします。

φ0.8mmの丸線を引いてダイヤを留める爪にします。
※プラチナの丸線(針金)も道具を使っての手作りです
φ0.5mmの丸線も作ってバチカンを支える丸カンにします。

作ったパーツを寄せあげて(溶接合して)
ペンダントチャームを作りました。


水晶系の石を加熱すると???

以前、自分のアメジスト(紫水晶)飾りの
ブレスレットサイズ直しをしたところ、
アメジストに タップリ断熱材を施したにも関わらず、
アメジストは割れて、
無色のありふれた水晶のようになってしまいました。

あとで、調べたらアメジストの美しい紫色は
575℃に加熱されると
無色透明になってしまうそうです。

いくら断熱材を塗っても、
修理個所が1400℃の火炎だったので、
「熱伝導率の良い銀」で
包むように石留めされていたアメジストは、
600℃以上になってしまったのでしょう・・・・・

このような経験は初めてでしたので 驚きながら
自分の持ち物での失敗で良かったぁ と安堵しました。
写真の石の一番上(紫から無色透明に変化)

それで、黄水晶(シトリントパーズ)
作ったと言う石の指輪を入手したので、
これも 何色かに変化するのかなと
電気炉で700℃に加熱・徐冷すると???
うつくしい水色に発色!(写真:中央)

ん〜〜。。。黄水晶水色のなるのか・・・
でも、安価な品物なので、
怪しむ気持ちが芽生えます(笑)

それで、これも以前 乱暴に扱って 欠いてしまった
本物の黄水晶(シトリントパーズ)が在ったので、
やはり 700℃で加熱・徐冷しましたら
ムラのある半透明に変化しました。

このムラのある透明もどきこそ
天然石の証のように想われました。
(写真:下)

こんな事をしていると、こんどは
放射線処理をした水晶系の
プルートパーズ
を加熱してみたくなりました。

水晶系の石を加熱すると

しかし・・・いろんな意味で もったいないので・・・・
地球が生み出した「天然の石」は
大切にしていきたいと想います。


アメーバーブログ 工房いずみのインコ文鳥動物まみれ

工房いずみトップへ戻る
鳥のペンダント
ペガサスの仲間たち
工房いずみの彫金教室
うれしい楽しい話題
制作室プロフィール
デザイナーさんへお願い

ここをクリックしますと
工房いずみにメールが出せます
ご意見ご要望・アクセサリー修理
制作依頼など お気軽にどうぞ
メールを出す