トップへ戻る














お問い合わせ
t.k.house@tbg.t-com.ne.jp










一緒に演奏している音楽仲間と演奏形式の紹介です



ハーモニカ  浅見安二郎 
(あさみ やすじろう)

1952年川口市生まれ。プロハーモニカ奏者
20歳の頃フォークミュージックの洗礼を受け、穴が10個の小さなハーモニカ、ブルースハーモニカを独学で学ぶ。ハーモニカホルダーを使ってギターや三味線を弾きながら吹いたり、南米のハープアルパとのコラボレーションなど様々なスタイルで演奏する。曲のジャンルも童謡、カントリー、タンゴ、ブルース、民謡など幅広い。
現在、読売日本テレビ文化センター川口をはじめ12か所で教室を開き指導に当たっている。

2001年、全日本ハーモニカ連盟より「日本ハーモニカ賞」受賞
全日本ハーモニカ連盟常任理事 
埼玉県ハーモニカ協会顧問 
著書に「HEARTで吹くブルースハープ」、「CD付ブルースハープ」大泉書店

 アルパ&ブルースハープ(ハーモニカ)

 ブルースハープの伝道師、浅見安二郎さんとのデュオになります。ブルースハープの迫力あるソロ演奏も♪

 <主なレパートリー>

 Amazing grace/君の影になりたい/チョグイ鳥/シーピグシーモア/ダニーボーイ /帰れない二人など

 浅見さんのソロでは、オレンジブロッサムスペシャル、タンゴ・ミケランジェロなどがあります。




マンドリン 山室 繁央 (やまむろ しげお)


千葉県市川市在住。明治大学付属明治中学校入学と同時にマンドリン部に入部しマンドリンを始め、同高校2年時にはコンサートマスターを務める。久保田孝氏にマンドリンを師事。高校3年時に第12回日本マンドリン独奏コンクールに出場し、史上初めて現役高校生(史上最年少)として第1位を受賞。後、各マンドリンオーケストラで独奏等を行う他、新日本フィルハーモニー、シエナウインドオーケストラ等でマンドリンパートを務める。C&Vオルケスタマンドリーノでは、コンサートマスター兼ソリストとして二橋潤一氏のマンドリン協奏曲の初演を行うなど精力的な活動を行う。同大学卒業後からはアンサンブルを中心に活動する他、2005年からは明治高校OB孝友会オーケストラにてソロコンサートマスターとしてソリストの活動を再開するなど、現在まで幅広く活動を行っている。


 アルパ&マンドリン

 南米生まれのアルパとイタリア生まれのマンドリン。遠い国の楽器ですが、相性はピッタリ。
 日本の曲から外国民謡、クラシック、オリジナル曲、歌謡曲まで幅広いレパートリーでお楽しみいただけます。

 <主なレパートリー>

 ・日本の曲
   荒城の月、夏の思い出、里の秋などの歌曲、童謡
   川の流れのように、コスモス、影を慕いてなどの歌謡曲
   その他 春の海など

 ・クラシック曲
   カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲、チャルダッシュ
   アルハンブラの想い出、モルダウ など

 ・外国民謡
   埴生の宿、旅愁、フォスター作品などのアメリカ・イギリス曲
   黒い瞳 などのロシア民謡
   オーソレミオ などのイタリア民謡
   コンドルは飛んで行く など中南米の曲 他

 ・オリジナル曲
   さくら色のしずく、たとえばあなたとぬくもりと、姫ものがたり など

 ・お子様向けの曲
   ディズニーメドレー、宮崎駿アニメ曲など

  その他、映画音楽、沖縄の曲やJ-popなど




ヴァイオリン 副島 聖代 (そえじま まさよ)
 7歳よりヴァイオリンをはじめる。東京都立芸術高校、武蔵野音楽大学器楽科卒業。卒業演奏会に出演。
 卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院にて研鑽を積む。ハンガリー・デブレツェン市立交響楽団と、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演を、韓国にてソウル・シンフォニエッタとJ.S.バッハの
ヴァイオリン協奏曲第2番を共演。オーストリア・グラーツ国際音楽祭参加。
 帰国後は、ソロをはじめ、室内楽・オーケストラ・レコーディング・マスタークラスの講師など幅広く活動。日本フラワーデザイン協会会員。

アルパ&ヴァイオリン

2011年の夏に、1stアルバムリテイク版の「最初はせつなくて」に参加いただいてから, 白昼夢演奏会のゲストとして、度々、ご一緒させていただいています。副島さんのヴァイオリンの音色は、深い音色で、とても素晴らしいです。
 
 <主なレパートリー>

 最初はせつなくて (倉品オリジナル)
 キールオンザロック (倉品オリジナル)
 2010年8月のキス(倉品オリジナル)
 Vino blanco
 チャールダーシュ
 など




ギター 高橋新吾 (たかはし しんご)

東京都武蔵野市生まれ。小さい頃よりフォーク〜ニューミュージックの影響を受け、アコースティックギター、バンド活動を始める。現在は、東京・下町を拠点に「メロディーが美しく際立つ演奏を」をテーマに活動を続ける。




ギター、クアトロ、チャランゴ、ケーナ 寺澤 むつみ (てらさわ むつみ) 
東京生まれ。フォルクローレ界のオールラウンドプレイヤーとも言われ、ギターの他チャランゴ、クアトロ、レキントギター、ティプレなどをこなし、常に本場の音を追求している。
多数の国内外の有名アーティストと共演し、ラテン、タンゴ等の音楽にも精通、ラテンアメリカの雰囲気や音色を表現できる高度な音楽テクニックとフォルクローレに関する豊富な知識は高い評価を得ている。フォルクローレの活動としては「エルコンドル」「マヤ」といった国内を代表するグループに参加している。数多くのレコーディングを手掛け、コンサート、ライブ活動を全国各地で行うかたわら、後進の指導にも積極的にあたっている。



ボーカル、マラカス、フルート、ケーナ、クアトロ  古川 康子 (ふるかわ やすこ)

千葉県出身。16歳よりフルートを始める。
2005年より南米フォルクローレ・ベネズエラの音楽に影響を受け、ケーナ・マラカスを始める。アルパ奏者の倉品真希子・ギター奏者の寺澤むつみとともに都内のレストラン等で演奏活動を行う。
2007年から、ギターの込山愛香、ヴァイオリンの名取悠子とトリオ sound cake を結成し、ライブ活動を行っている。
主にボーカル、マラカスなどでコンサートやレコーディングをサポートしてくれています。





大規模な会場での演奏依頼及び音響機器について

 あまり広い会場での機材は用意していませんが、下記機材を用意しております。
 屋内でしたら、100〜150人程度までの会場は対応可能です。
 小学校の体育館などの大規模な会場は既存のスピーカーを使用できれば概ね対応可能です。
 詳しくはご相談ください。

 PAシステム YAMAHA STAGEPAS 300(150w×2) 1式
 ミキサー YAMAHA MG82CX
 モニター YAMAHA MSP5(40w)×2
 マイク SHURE SM57×4 BETA58A×2 PG58×1 PG48×1
 その他、マイクスタンド、ケーブル等

ご不明な点や、ご興味がありましたらお気軽にお尋ねください♪  OFFICE VAMOS