本文へスキップ

「個」をつよめ、世界をつなぎ、未来へ Meiji University

研 究 会GROUPS

研究会の概要

 これまで次のような研究会の運営にかかわってきました.

  @ 身体教育研究会(主幹) A エンボディード・アプローチ研究会(コーディネーター) 
  B スポーツ政策研究会(前事務局) C 市民スポーツ海外交流協会(理事)
  D オリンピック・アカデミー(JOA)・コロキウム(副委員長)

 それぞれの活動について簡単にご紹介します.会に興味をお持ちの方,ご連絡をお待ちいたしております.e-mail

T.身体教育研究会

 2012年8月に東海大学で開催された体育学会のシンポジウム「身体知研究の現在」を契機として発足した研究会です.「体育」という特定領域にとどまることなく,広く「教育」や「学校」の問題を身体教育の視点から考えます.現在は「身体知」を主な研究テーマとして取り上げています.2012年のシンポジウムでは,山口政信先生(明治大学),樋口聡先生(広島大学),田中彰吾先生(東海大学)に「身体知」をテーマにお話しをしていただきました.釜崎が主幹を務めています.

U.エンボディード・アプローチ研究会

 身体性に関する研究会です.主幹はメルロ=ポンティの身体論を研究されている東海大学の田中彰吾先生です.現在身体性は多様な領域で注目されていますが,この研究会では,身体性を広い意味での共通の方法論として設定し,理論的な考察や議論を中心に研究を進めています.釜崎もコーディネーターのひとりとして参加させてもらうことになりました.
 ホームページアドレス http://www.geocities.jp/body_of_knowledge/03_meeting.html

V.スポーツ政策研究会

 スポーツ研究者とジャーナリストの方を中心に構成された研究会です.明治大学の駿河台キャンパスで月1回の定例研究会を開いています.日本とヨーロッパのスポーツ事情を中心に,広い視野で今後のスポーツ政策の在り方をめぐって議論されています.森川貞夫先生(日本体育大学名誉教授),寺島善一先生(明治大学教授),谷口源太郎先生(スポーツ・ジャーナリスト)が主幹を務めています.2011年〜2012年度は釜崎が事務局を担当しました.
 ホームページアドレス http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sportspolicy/

W.日本市民スポーツ海外交流協会

 日本と海外の市民スポーツの交流のお手伝いと,日本の市民スポーツの発展に尽力しているNPO法人です.国際交流駅伝,市民ランナー交流セミナー,アラフラゲームス,ランブリッジ(サッカーを通じて東南アジアの子どもたちを支援する),サッカー教室やシンポジウムの開催など幅広く活動しています.佐藤文宏先生(日本大学教授)が理事長を務めています.釜崎は,元鹿島アントラーズの藤田豊さんと共に,サッカー担当の理事を務めています.
 ホームページアドレス http://jsie.org/

X.オリンピック・アカデミー(JOA)・コロキウム

 日本オリンピック・アカデミーは,オリンピック憲章の理念に則り,オリンピックに関する研究・教育・普及をおこなっている,国際オリンピック・アカデミー(137か国・本部はギリシャ)のひとつです.コロキウムでは,毎月1回(新中野切手サロン)、映像を中心としたオリンピックの研究会を開催しています.首都大学東京の舛本直文先生が委員長を務めています.2012年度は釜崎が副委員長を務めました.
 ホームページアドレス http://www.olympic-academy.jp/


和泉キャンパス 釜崎研究室

〒168-8555
東京都杉並区永福1-19-1 研究棟103

アスセス

京王線・井の頭線・都営新宿線
明大前下車 徒歩5分