本文へスキップ

健康保険が使える、鍼灸マッサージです。ご自宅や高齢者施設へお伺いいたします。

訪問鍼灸マッサージ からだケア


主な目的・効果


●血行の促進
身体を動かす機会が減ると血液の流れが悪くなってきます。施術を行い、血行を良くすることで体に栄養や酸素が行き渡り、冷えやむくみの改善、新陳代謝の改善など、全身的に症状の改善を促します。

●筋肉の緊張や痛みの緩和
身体に痛みを感じているとき、患部やその周囲の筋肉が痛みにより緊張して硬くなっていることがあります。筋肉が緊張すると血行が悪くなり、患部にある発痛物質が流れにくくなります。
硬くなった筋肉を緩め、血行を改善して、
発痛物質を流れやすくすることで、痛みが軽減されていきます。

●関節可動域の維持・改善
関節を動かさない状況が続くと「動かせる範囲が狭くなる」「関節を動かす際に、痛みが出る」など、日常動作に支障をきたすようになります。硬くなってしまった関節に対し、関節運動やその周囲の筋肉のストレッチを行うことで、関節の動かせる範囲を広げ、ADL(日常生活動作)の維持・向上を目指します。

●筋力の維持・増強
「痛みがあるから安静に」「麻痺があって動くのが大変だから」など、運動する機会が減ると筋力は次第に弱くなってしまいます。そのまま放置することで、いずれは寝たきりになってしまう可能性もあります。
施術で痛みを軽減しながら運動を行い、筋力の維持・増強をすることで、
ADL(日常生活動作)の維持・向上や、寝たきりの予防につながります。