本文へスキップ

健康保険が使える、鍼灸マッサージです。ご自宅や高齢者施設へお伺いいたします。

訪問鍼灸マッサージ からだケア


患者さんの声


実際に施術を受けた患者さんの声を、少しご紹介させていただきます。



・80代 女性 脊髄腫瘍の手術後
 脊髄腫瘍の手術をした後、常に足先に痛みを感じていて、さらには脚に力も入りにくくなり、ベッドで寝ている時間が多くなりました。薬を使ってもそのとき痛みが軽くなるだけで、時間が経つと痛みが戻ってきてしまい、暗い気持ちで日々を過ごしていたのですが、娘からの勧めで訪問マッサージを試しに頼んでみたところ、その効果にびっくりしました。
 まず、マッサージがとても気持ち良くて、リラックスして受けることができます。また、痛みのある線に沿って、じっくりと指圧をしてもらうことで、痛みも軽くなってきました。車椅子からベッドに移るときも、今までは足が痛くて家族の介助が必要でしたが、マッサージしてもらった後だと痛みが少なく、脚も軽くなっているおかげで、身体を支えてもらうだけでベッドに移ることができます。家族も初めはびっくりしていました。
 マッサージだけではなく、脚が弱くならないようにいろんな運動もしていただき、寝たきりへの不安が解消されました。今後もマッサージと運動を頑張って続けていきたいと思います。






・80代 男性 脳梗塞の後遺症(奥様からのお話です)
 主人が脳梗塞の後遺症で半身麻痺になり言葉もうまく話せなくなりました。今まで家族のために頑張ってきてくれた主人のために、何かしてやれないかと考えていたときに、訪問での鍼灸マッサージのことを知りました。
 リハビリで歩く練習をするのは嫌がっていた主人ですが、鍼やマッサージを受けているときは気持ちよさそうな表情で、最後には寝息をたてて眠っていました。先生が来て挨拶をしたときに、主人が笑顔でいるのを見ていると、鍼やマッサージをお願いして心から良かったと思います。また、今までは麻痺している側の手首が硬くなっていて、着替えなどの手伝いが大変だったのですが、マッサージの際には一緒に手首や肘などもよく動かしていただけるため、以前より腕が動かしやすくなって着替えなどが楽にできるようになり、私のほうも助かっています。
 主人も先生のことがとても気に入っているようですので、今後ともよろしくお願いします。






・70代 女性 パーキンソン病
 パーキンソン病のため、何をするにも身体が重く、うまくいかない状態が続いていました。そのとき、訪問マッサージというものがあるとケアマネージャーさんから聞いて、早速申し込んでみました。
 マッサージの後は、身体が軽くなる感じがあり、以前より動きやすくなったように思います。マッサージの先生の話では「マッサージでパーキンソン病自体を良くすることはできないですが、病気によって硬くなった筋肉を定期的にほぐしたり、動かしにくくなった関節をよく動かすことで、身体が動かしやすくなります。」とのことです。
 やっぱり身体が重いのは嫌ですし、マッサージ自体も受けていて気持ちいいですから、これからも、少しでも身体が軽くなるように、マッサージを続けていきたいと思います。