牧師よりごあいさつ



 すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。 [新約聖書マタイによる福音書11章28,29節]

 初めまして! 2014年6月に久喜市桜田2丁目の地に(久喜駅東口より)新しい教会堂とともに移ってまいりました、久喜福音自由教会(プロテスタント・キリスト教)牧師の伊藤僚と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 キリストが生きた2000年前も私たちが生きる現代も、疲れ、傷つき、重荷を負って生きる人々ばかりです。家庭生活、人間関係、健康や仕事、経済など、心労とプレッシャーという重荷がのしかかっています。そんな私たちにとって、冒頭の聖書の言葉は福音(グッドニュース) そのものです。このような重荷を負わされ疲れている人々のためにこそ、キリストの神様はすぐそばにおいでになり、私たちを休ませてくださるとは、ありがたいことです。私たちが休むことができるために、日々の生活の中で増し加わる重荷を下ろすことができるために、自分ではどうすることもできない重荷をキリストご自身が代りに負ってくださり、支えてくださるというのです。
 私たちの教会はこのたび装いを新たに、この新しい場所から、永遠に変わらず決して奪われることないやすらぎ、安心と希望のメッセージを、引き続き発信させていただきたいと願っています。皆様にとって、私たちの教会が身近な存在となり、いつでも重荷をおろし、ホッと一息ついて、そこから新たな元気と生きがいを見出していただける場所になれるようにと願っております。
 木のぬくもりと開放感たっぷりのチャペルで心からリフレッシュされ、アットホームなラウンジで、ごゆるりとおくつろぎください。