八街便り 11月

*・*・*・* 里山の木の実たち *・*・*・*

秋から冬へと季節が移り
賑やかな花や虫たちの姿がだんだんと消えて寂しくなる里山・・・
でも、よ〜く見てみると色づいた木々の葉陰や枝の先には
こんなにかわいい木の実たち


マユミ と ゴンズイ


ムラサキシキブ と クサギ


ドングリ(シラカシ) と ニシキギ
ニシキギは鮮やかな葉のなかにたった一粒だけ実が残っていた


ツルウメモドキ と タンキリマメ
タンキリマメは秋に見たものよりもさやの色が鮮やかだ


(左)黄色く色づいた葉と黒く熟した実のコントラストが美しいエビヅル
(右)赤い宝石のようなフユイチゴ
どちらも、見つければ思わず顔がほころんでしまう


(左)赤いアクセサリーのようなヒヨドリジョウゴの実は、枯れた草原でとても目立つ
(右)面白い並び方をしているギボウシの種

* * *


里山は冬へ・・・

−2007.11.26−

TOPへ

里山topへ