八街便り 12月

冬を迎えた里山
畑の作物は少ないけれど、いろいろな模様を見ることができる
畑模様、とでも呼ぼうか・・・


赤土の畑、収穫後・・・次は何が植えられるのだろう


吹き寄せられた枯葉と霜が作り上げた模様


お休み中のハウスの骨組み。かなり人工的な畑模様


紅葉する人参畑に朝の霜




麦だろうか・・・
『冬景色』という唄を思い出す風景
烏鳴きて木に高く――人は畠に麦を踏む―――

の、カラスの写真がないので・・・モズ


* * *

* 植物はどれも冬の装い *


アカザの紅葉


ドウダンツツジの冬芽


ツルマメかな?
金色の細かな毛がきれいだ


フヨウ


ヒメムカシヨモギ?
大アレチノギクかな?
こうなってしまうとちょっとわからない


枯れたシナダレスズメガヤ(?)に霜解けの水滴


* * *

ルリビタキ♂

色の少ない里山にうれしい、こんなにきれいな色・・・

−2007.12.21−

TOPへ

里山topへ