八街便り 5月

風薫る五月・・・
田んぼの近くにはこんなにかわいいお客様たちがいました

グワッグワッグワッ・・・雛は全部で11羽いましたよ


* * *

今月は帰化植物にスポットをあててみたいと思います
・・・が、大昔からの帰化植物を含めると
今里山の風景を彩っている植物のほとんどが帰化植物なのだとか・・・


カラスムギ
これは大昔農耕文化とともに入り込んだそうです


イヌムギ
こちらは牧草として入ってきた比較的新しい植物
・・・でも、今ではどこででも見ることができますね


こちらはあまりにも有名なハルジオン
北米原産です


キツネアザミ
この花もかなり古くから、農耕とともに日本に入ったと考えられているそうです


コメツブツメクサ
ヨーロッパから・・・


最近よく見かけるアメリカフウロ
名前の通り北米原産


ツルニチニチソウ(ビンカ)
地中海沿岸原産の観賞用のものが、最近どんどん野生化しているようです
私の散歩コースでも、林の下などにたくさん茂っています


ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)
こちらも栽培用が野生化したものだそうです
アメリカ原産


ナガミヒナゲシ


こんなふうに群生しているのをよく見かけます
地中海沿岸から中央ヨーロッパ原産だそうです

そして、ナガミヒナゲシの咲く野原に、こんなものが・・・

カモミール(カミツレ)です
れっきとした栽培種ですが、この野原にはずいぶん咲いていました
だんだんと広がり、もしかしたら数十年後に野生化しているかもしれませんね


−2008.5.13−

TOPへ

里山topへ