八街便り 6月

雨の少なかった6月も
終わりの頃になってようやく梅雨らしい空が増えてきました。



水田の上を気持ち良さそうに飛ぶシラサギと、畦道に佇むアオサギ。


6月は木の実がたくさん見つかります。


サルトリイバラ と フジ
フジはつい最近まで藤色の花を咲かせていたような気がしますが、いつのまにかこんな立派な実に・・・


ニワトコ と エゴノキ


ナワシロイチゴ と コウゾ
コウゾは手にとると糸を引き、ちょっとびっくり。でも食べると甘い。


そしてやっぱりこの時期は・・・虫・虫・虫♪


シロオビトンボエダシャク と アオメアブ
シロオビトンボエダシャクは栗の花に何十匹も群がって飛んでいました。
アオメアブはちょっと怖いけれど、ムシヒキアブなので大丈夫。


こちらはカミキリムシ。
アオスジカミキリ と キボシカミキリ


おなじみシジミチョウ。
ベニシジミ と ツバメシジミ

こちらは相変わらず多いトンボたち。


ノシメトンボ と オオシオカラトンボ


ハグロトンボの♂ と ♀


* * *


ハンゲショウの葉の上で休憩中のケロ。
『夏が来るんだなぁ・・・』


−2007.7.3−

TOPへ

里山topへ