障難協 埼玉県障害難病団体協議会

障難協(一般社団法人 埼玉県障害難病団体協議会)について

目 的

埼玉県内の障害者、難病患者及びこれらの家族の援護を図り、もって福祉の増進に寄与することを目的としております。

略 歴

加盟団体 23団体
会員数 約3,200人
昭和48年2月   埼玉県障害難病団体協議会 発足
昭和54年4月26日 埼玉県障害難病団体協議会 社団法人認可
平成27年2月 2日 埼玉県障害難病団体協議会 一般社団法人認可

現在に至る

事 業

障害・難病児者に対する施策の促進に関する事業
障害・難病児者の福祉に関する調査研究事業
障害・難病児者の福祉に関する広報事業
障害・難病児者の療育・相談事業
その他、会の目的達成に必要と認める事業

難病相談支援センター

埼玉県の委託事業として、難病相談支援センターを開設しております。
「療養」「日常生活」などの相談を実施しています。

こちらをご覧下さい。

難病110番

全国ではじめての相談事業として、1976年に「難病110番」を開設しました。
当時は医療機関や病気そのものの情報が不足しており、病院の紹介や病状についての問い合わせが大半でした。患者は就職や普通学校への就学の道を閉ざされ、地域社会から孤立していました。そして病気を隠し、患者同士の交流も少ない時代でした。
現在は医療環境や福祉は随分改善され、インターネットの普及で情報は充実し、患者同士のつながりも広がっていますが、それでも電話をかけてくる人の言葉は以前と変わりません。人の心はいつの時代も変わりません。一人で悩まないで、お気軽にお電話ください。
これからも当協議会の相談室は、患者のよりどころとなるように努めて参ります。

こちらをご覧下さい。

定期開催

目的
 障害者の福祉の増進を図るため、難病患者もしくは障害者に対して、作業訓練を行います。
事業内容
 訓練を通して、より一層の生活の質向上を目指しております。ご一緒につくる喜びを共有しませんか。
 下記の事業を障害者交流センター内で実施いたします。
 ・造形教室:
   偶数月 /4月・6月・8月・10月・12月・2月
    講 師: 花・工作教室「Kuwashima」 桑島涼子 先生
    定 員: 20名 (※定員になり次第締め切ります)
 ・透明水彩画教室:
   奇数月 /5月・7月・9月・11月・1月・3月
    講 師: 増田 隆 氏
    定 員: 20名 (※定員になり次第締め切ります)
 ・料理教室:
   年3回 /7月・11月・3月
    講 師:栄養士 田村文子氏、柏木綾子氏
    定 員:20名 (※定員になり次第締め切ります)
申し込み先
 電話:048-831-8005 (平日の10時~16時)
 FAX :048-831-8005
 E-Mail:shnky(a)tbm.t-com.ne.jp ※(a)を@に替えて下さい。

加盟団体一覧

各団体のリンク一覧へ。こちらをご覧下さい。