武蔵野ミニー【ブルース系プレィヤー

アコースティック・ブルース
ヴォーカリスト・ギタリスト ・ソング・ライター 


フェイバリットなミュージシャン
ンフィス・ミニー 、 ダイナ・ワシントン、 リル・グリーン 
シッピー・ウォーレス、クレオ・ブラウン
 

R・ジョンソン R・ロックウッドJr T・ジョンソン 

武蔵野ミニー プロフィール

東京都在住のブルースギタリスト・ブルースシンガー・ソングライター。
大学時代にブルースに遭遇 掘り下げるにつれリアルブルースに傾斜し
ブラックミュージックの源流を辿り、そのルーツとしてのブルースを
研究・追及することにより多くの要素を消化し具現化しその表現法と
してライブに於いてMAXに反映させている

臨場感いっぱいのライブは、並み外れたギターワークから奏でる
グルーブ感によく乗りその歌唱は伸びやかであり 諄さや気負いがなく
心地良い


戦前ブルースのメロウ且つノスタルジックな風情を今に伝える関東圏のみならず
日本を代表する唯一無二の女流ブルース・プレィーヤーである 戦前ブルースの雌
『Memphis・Minnie』を最大のアイドルとしており、模範としている弾き語り的
バンドスタイルからいつしか
『Musashino・Minnieと称されるようになる。
この呼称をそのままステージネームにしている


2007年 バックバンド N’s BLUES PACKAGE結成

NAOTOG)田村ナツコ(B)渡邉紀男(Dr)

(リズム隊メンバーのイニシャルが全員Nということで名付けられた)

2009年 ジャンプブルースの雄、吾妻光良をレコ・エンジニアに迎え
デビューアルバムを制作
MUSASHINO BLUE』リリース

2年連続『台湾Blues・Bash』のイベントに出演し好評を博す

2010年『NewYurk・HarlemBlues&JazzBand』のオープニングアクトを
務め注目を集める

現在、東京都内はもとより全国各地でライブ活動展開中

東京都小金井市南部在住

 



       

Copyright (C) 2009 Betty recoerd. All rights reserved.