アドリブな日々 
 「アドリブな日々」へ、ようこそ  私は、音楽とラーメンとお昼寝とソプラノアルトテナーバリトンサックスをこよなく愛する渡辺順一と申します。 
 オリジナルSOLOユニット " Shuenn "を通じて節操はないんだけども楽しんでいただける音楽活動をしております。興味を持たれた方は時々遊びにいらして下さいね。お待ちしております。
 ソプラノアルトテナーバリトンサックス奏者 渡辺 順一
ライヴ スケジュール
2017.03.29(Wed)   Shuenn Haru Live in 中目黒 楽屋
Sax 渡辺順一  Piano 飯塚由加  Bass 村井俊夫  Drums 山崎彰
7:30〜 9:00〜 ¥2,500−

 Shuenn の2017 春Live 。3月の暖かな空気の中、今年最初の酒宴ライブナイト。桜が目に楽しいこの季節、ちょっと寄ってゆっくりしていきませんか。 春の一夜を美味しい食事と美味しいお酒で、ぜひご一緒に。 お待ちしています!!

2017.05.26(Fri)   Shuenn Jazz Live in 大久保 Boozy Muse
Sax 渡辺順一  Piano 尾崎琢也 Bass 大戸幹夫  Drums 宇山満隆
7:40〜 9:20〜 ¥2,500−
 2017 vol.2酒宴 Jazz Live 。ジャズメンバーによる酒宴スペシャルジャズナイト。春のうららかでそして妖しい、Deep大久保Boozy museのスプリングジャズ夜。春の夜歩きのついでにぜひお越しください。
お問い合わせはこちら
 
アドリブな日々
 
         
 

2017.03.15

 

 昔聞いたテープ。山ほどあるのですが、それを聞くデッキが既にないがために、アナクロな保存データとして部屋の一角を大量占拠している埃をかむったテープたち。

 昔は、バイト代を貯めて安く手に入れたAIWAのカセットコンポで(ソッコー壊れていたなあ)何度も繰り返し繰り返し聞いては、音の世界、というものを堪能して、それだけで十分にリッチな気分に浸れていた幸せなスローな時代。クルマに大量の極選テープを車載してよくドライブに出掛けたもんです。

 でも今やボタンポチッで、アイポッドやらICレコーダーやらでいつでも極上の音楽を買ったり聴いたりできるようになった現代。そんな平成の世に生き残った、我が1980年式のオールドカーはそういった最新のオーディオシステム対応では当然なく、当時最新式だったオートリバースのクラリオンカセットデッキがダッシュボードのド真ん中に鎮座ましましております。

 で、このデッキ。どうもこのクルマを買った時から正体不明です。キチンと動くのか??不用意に大事なテープを入れて、もしそのままテープを巻き込んだりしたら一巻の終わり?です。なので、試しにテープ型のアダプターをブッ差したところ、案の定切り替えスイッチが勝手に右行ったり左行ったりして、明らかにぶっ壊れている模様。

 なので、バラしてみたらデスね。ドライブベルトが溶けてました。。。37年も経つとベルトが自然に溶けるのかあ。。。なので、秋葉原の電気街に出向き、替えベルトを探してはみたんですが、今度は秋葉原をもってしても、今やカセットデッキのベルトを置いているお店は軒並み閉店していました。鳴呼、時代は移ろい、我が身は路傍に置きされし身の上、、なんてね。まあネット注文でなんとか不都合なく動きそうな長さのものを入手いたしましたが。

 で、久しぶりにカセットテープを聴きながらの夜のロングドライブと相成りました。といっても、レッスン帰りに例によって無駄な遠回りをしただけですが。 いやあー、テープの音ってなんか妙に柔らかい。。今の音は、細かい音の粒を盤の上にちりばめて埋め尽くしてあるので、非常に音がクリアーなんですが反面、いい加減なところがないというか、音にだけ忠実であるが故に混ぜ物が一切ない気がします。

 比べて、テープの音は濁り酒、といったところです。いろんな雑味が入ってきて、ひどいのはたるみ切ってピッチが下がって聞こえるんですが、やはりそれでも、それがなんか心地よい。まあ程度にもよりますが。でも、音の空気に埋め尽くされた空間とでもいいますか、やはり柔らかいんですね。レコードとCDの違いみたいなもんでしょうかね。デジタルのビットで緻密に聴かせる音の粒子ではない、なんかこう当時の言葉でいうファジーな感覚が、神経の解放を程よく促してくれるような気がします。程よいスピードと心地よい音楽。ヤバイ、またクセになりそうだ。


 でも久しぶりに豊潤な体験をいたしました。無駄に時間ばかりがあって、何をやっていいのか分からず、言い知れぬ焦りに苛まれながらも、どこかいい加減に流されながら、でも無駄なようで無駄ではなかった20代の幸せな時間たちが、懐かしい息づかいとともに脳内を駆け巡っていった夜でした。

 もう3月半ばを過ぎましたね。早い早いとよく言いますが、早いのです。実際。でも数十年後に今を思うと、ああ、いい時代だった、と多分きっと思うことでしょう。だから今も殊更に捨てたもんじゃあない、と思うようにして、また明日からやってゆきたいと思います。もうすぐ春ですね。

 
         
      バックナンバーはこちら  

東日本大震災で、楽器を失った子供たちに楽器を届けようプロジェクト!
New こないだ吹いてきました。 (ケータイうたおとサイト) サキドリ↑ or バックナンバー5/25配信分参照

コスモちゃん 愛車 コスモちゃんはここ
キャロル君 愛車 キャロル君はここ
しびこさん 愛車 しびこさんはここ
ななこさん 愛車 ななこさんはここ

Shuenn


 SAX Playerなべじゅんのパーソナルユニット。こころの回帰点に流れる音の世界がテーマ。だが別の世界へとゆるやかに炸裂することも多い。キャッチフレーズは、いい大人なんだけども思春期。
 
2017年、Shuenn JAZZライヴにご来場に皆様、大変ありがとうございました!!!

 2017年最初のShuennJAZZライヴ、怪しい大久保のお店にご来場、大変ありがとうございました!

 今回はベサメムーチョな気分で、1曲目ベサメムーチョからお届けいたいました。空の彼方をイメージに作曲した『Other side of blue』尾崎琢也監修による切ないジャズワルツ『Luna walts』マイアレンジの『アイリメンバーユー』『マックザナイフ』など。皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか。
 次回は3月、酒宴JAZZライヴは5月に予定しております。本家、分家ともども酒宴ワールドを堪能していただければと思っております。
 また今年も頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します
渡辺 順一
ライブレポ バックナンバー はこちら
ライヴ スケジュール

2017.03.29(Wed)   Shuenn Haru Live in 中目黒 楽屋
Sax 渡辺順一  Piano 飯塚由加  Bass 村井俊夫  Drums 山崎彰
7:30〜 9:00〜 ¥2,500−

 Shuenn の2017 春Live 。3月の暖かな空気の中、今年最初の酒宴ライブナイト。桜が目に楽しいこの季節、ちょっと寄ってゆっくりしていきませんか。 春の一夜を美味しい食事と美味しいお酒で、ぜひご一緒に。 お待ちしています!!

2017.05.26(Fri)   Shuenn Jazz Live in 大久保 Boozy Muse
Sax 渡辺順一  Piano 尾崎琢也 Bass 大戸幹夫  Drums 宇山満隆
7:40〜 9:20〜 ¥2,500−
 2017 vol.2酒宴 Jazz Live 。ジャズメンバーによる酒宴スペシャルジャズナイト。春のうららかでそして妖しい、Deep大久保Boozy museのスプリングジャズ夜。春の夜歩きのついでにぜひお越しください。