アドリブな日々 Back Number 2018
 

←前 | ページ 2002200320042005200620072008200920102011201220132014201520162017
2018
 | 次→

 
  トップページへ戻る  
     
 
  2018.06.15   前回ハードボイルドに届かなかったお話をしましたが、その後も相変わらずシクシクと痛む肋骨をかかえ、日々を過ごしています。だいぶマシになったけどね。

でも真のハードボイルドっちゅうのは、何があってもブレない強さ、なんじゃなかろうか、とハタと思い当たりました。

私が20年前から開店時よりこよなく愛するラーメンジロー目黒店。このジローラーメンの聖地が今、行政から超のつく嫌がらせを受けております。

この店は側道がちょうど合流する、山の手通り沿いに面して広めの道幅のため、ラーメン客が路上駐車をよくしていました。一因にはラーメン客を見越して、周辺駐車場の料金が軒並み高騰したのもありますが。で、お隣がマンションなんですが、目障りなんでしょうか、ここの住民がまた、しょっちゅう通報をするんですな。

で、行政が取った最終手段。
それは、なんと高速道路で見かける、チョ〜〜ごつい、コンクリートの塊に埋め込まれた据え置き型ガードレール、あれをラーメンジロー周辺に散りばめたのです。

いやあ、やりおった。山手通りは違法駐車はジローの前に限らず、なんですが、ここだけわざわざ。。

笑っちゃ悪いけど、絵的にあからさますぎて笑っちゃいました。こうすれば文句ないでしょ、が丸わかりで。いちラーメン屋を寄ってたかって、いじめるの図。
そんなことしなくても違法駐車が原因なんだから、バシバシ取り締まって儲ければいいのに、面倒くさいんでしょうね。
物理的にわざわざ通りにくくして、臭いものにはフタみたく、まあ短絡的すぎるというか。。でもそれで案の定、あれほどの人気店の客足はかなり激減しました。

にも関わらず、そんな小学生が通せんぼするようないじめにもどこ吹く風、抗議の態度、不満の態度すら微塵もみせず、ジローの店主はそのドラえもんにも似た体躯と、クールなポーカーフェイスで今日も、『ニンニク入れますか?』と、以前と全く変わらずに淡々とラーメンを作り続けています。


この極限に発揮されるブレない精神。
彼こそハードボイルドだね。


店を出て、そうシミジミ思った月曜日、東京の夜でした。
ニンニクの量もちょっとハードボイルドだったが。。。
 
     
 
  2018.06.01   ここんとこ色々あって、感情にフタをすれば淡々と生きられるかな、とちょっとハードボイルド的に過ごすことが多くなっておりました。そんな斜めな雰囲気に浸っていたある日の朝、不用意にも伸びをしたらばですね、パチッという音がして次の瞬間、胸の肋骨らへんがグギギーッと締め付けられるような痛みに襲われました。

 普段は医者嫌いなのですが、強烈な痛みに前にはそのようなハードボイルドな生き方もあっさりと撤回で、チャーッて車に乗って、20分後には総合病院にいました。

 もう、咳をするときしむ、くしゃみをするとズキーッと響く、第一触っただけでピリピリーてなるんです、と切々と訴えたところ、じゃあレントゲン、撮ろうか、となり、案の定、渡辺さん、これ肋軟骨の損傷。ここね、以前もなんか骨折した跡があるけど石灰化してるでしょ、今回もこれと同じ、骨折。女の人とかでくしゃみをしたら骨折する人とかいるんだけど、カルシウム不足ね。男の人でも年取った人に多いね。大体が骨粗しょう症だからね。自然に骨が折れるの。バンドあげるから、巻いて治るの待つしかないね。肋軟骨だから、まあそれでも4週間はかかるかな。はい、お大事に。  あの、痛いんですけど。うーん肋骨だからどうしようもないね。湿布だけ出しておくから。はい、じゃあ以上です。どうぞお大事に。。       はい、、、、ありがとうございました。  

 年寄りと同等なレベルとのことです。ハードボイルドな生き方こそがどうやら我がにふさわしい、と最近心のどこかで思い始めていたナベ心が、先日の脇毛剃れ事件ショックに引き続き、医者からそれくらいの痛みでジタバタ騒ぐな的な対応をされ、また新たな現実を突きつけられ、深いダメージを受けました。

 前回ハードボイルドにとって脇毛は命!と、なんとかその最後の一線は死守しましたが、今度は骨が折れた。我が骨はすでに骨粗しょう症のシルバーエリア群にいました。なんか、はらはらと自分の中から、みずみずしさが失われてゆくことに、底知れぬ絶望を感じつつ、すぐに、コンビニで500mlおいしい牛乳を購入していました。ついでに、白子おにぎりも。

 きっと、人生の最後の最後まであがいて生に執着するタイプですね。でも、健康寿命はまだまだこれから伸ばせる。若さも頑張れば伸ばせれる!と、固く決意したので、ハードボイルドは一旦保留にしました。もっと健康になってから、ハードボイルドにキメようと思います。 おや、うーん、足がかゆい。蚊に刺されたか。いや、乾燥肌か、、もしかして潤い不足か!! どうもハードボイルドにはかなり縁遠いようです。

 すいません、わけわかりません。
 
     
 
  2018.05.15   先日、我がふるさと宮崎に帰郷した際のことです。

気温も高くなってきて、実家の草ぼうぼう状態がだんだんヤバくなってきたので、わたくし、到着するなりジャキーンと草刈りマシーンを肩に背負い、必殺草刈りマンと化し、もう一心不乱に草を刈りまくりました!


刈った草は袋詰め約10袋。宮崎グリーンセンターに即日運搬し、草刈りマンは1日の使命を終えたのです。

日もすっかり暮れ、実家で充実の一時をコーヒーと共に過ごしていたら、妹さんが来着し、子供の吹奏楽部の臨時コーチの話を持ってきました。いつも役員のお母さん方同伴での練習との事で、PTAで一致団結しているようですね。


もちろん快諾し、打ち合わせを終えたのですが、その後妹さんからのメールで、衝撃が私を襲いました。

『今日は実家の作業をされたとのことで、今日のとこは仕方がないので良いのですが、どうか身だしなみには気を使ってください。父兄のお母さん方の中にはサロンで働いてらっしゃる方とかもおられますから、どうか理容には注意して、爪が黒かったり(草刈りのせいです)汗臭かったり(草刈りのせいです)とかがないよう、くれぐれも気をつけてもらえると助かります。で、出来ればで良いのですが、これから夏場ですので、どうかどうか、脇の毛を剃っていただけませんでしょうか。それだけで汗臭さが違ってくるので。出来ればで良いのですが。脱毛は大変なので、せめて剃ってもらえることを期待します。』

ガーン!!!そんなに草刈った?(臭かった)


おん年50いくつで脇毛にサヨナラを告げないといけなくなるとは。。。
あまりにも悲しい!
我がの汗臭さを棚に上げ、正直、そう思いました。


言われて初めて気が付くことってまだまだあるんですね。
まさか自分がここまで脇毛を愛していたなんて、思ってもみませんでした。

ので、脇毛は剃れませんが(譲れませんが)、身だしなみには注意します、とお返事しました。
まるで、学校の先生に叱られた気分です。

ですが脇毛は譲れない自分を再確認したことは、大きな発見でしたね。自分のアイデンティティが脇毛にあったとは。

これから夏場ですので、実家で寝ている間にいつの間にか脇毛を剃られたりしないよう、身だしなみには注意を払わねば、そう決意した5月の空でした。
 
     
 
  2018.05.01   大人と子供の違い。まあいろいろ定義はあるでしょうが、要は自分で解決しようとするかしないか。

 ちょっと前の話ですが、練習の帰りに気分良くキャロル号で府中街道を流していたら、前方で妙な混み方をし始めました。見ると、対向車線に思いっきりに膨らみながら、どの車もゆるゆる走っています。

 なんかあったなー、急いではいないから見届けてやろう、どうせ、不要不急の工事かなんかだろう、と思いながら、ようやく現場に差し掛かると、なんと、自動車同士の正面衝突。ああも絵に描いたような衝突の仕方は見たことがないですねえ。

 こちら車線のワゴン車に、反対車線からのしゃこたんヤンキーセダンが真っ向から食らいついています。どう見ても相当なスピードで無理な追い越しをかけて、センターラインをはみ出したはいいものの、普通に走ってくるワゴン車を避けきれなかった感じで、もう100%ヤンキーが原因です。

 でもね、見ると年は20代のヤンキー、こいつが、歩道に体育座りしてガックリ落ち込んでるの。近くで、相手方のワゴン車のファミリーが青い顔をしながら、いろいろ電話で手配してるっちゅうのに、そいつ、自分が悪いのに謝りにも行ってなさそうで、多分助手席に座っていたであろう彼女さんに、ねえ大丈夫?なんてしきりに慰めてもらっちゃってて。

 あまりに腹たったから、ゆっくり通り過ぎざまに、『おいこら、おまえ、おまえだよ。無茶な運転して、周りに迷惑かけて、おまえちゃんと頭下げて相手の人に謝ったんか?大事な彼女さんを乗っけて、めちゃくちゃな運転して、挙げ句の果てに事故ったら、怖い思いしたであろう彼女さんに慰めてもらって、おまえ、自分でちゃんと自分の尻ふかんか!!おまえは被害者ちゃうで!加害者やろが!彼女さんに怪我でもさせたらどうするつもりやったんや、おめえはよ!だいたい、粋がるなら最後までスジ通して、相手方に男の誠意みせんか!相手の人、なーんも悪くないのに、車ぺしゃんこにされて。迷惑かけたのは全部おまえやろうが!何ガキみたいに落ち込んどんねんアホンダラ!』

 と、言ってやろうと思いましたが、あまりに文章が長いのでやめました。   でかい図体した情けない子供です。まあ、人のことは言えませんが。。。

 で、今度はこないだ、練習に向かおうとキャロル号で尻手黒川通りを走っていて、青信号の交差点に差し掛かった時、不意に近くから救急車のパーホーパーホーのサイレンが聞こえてきました。かなり近かったので、青でしたが停車した途端、うしろのかねもちセダンがクラクションをプーップーップーッと立て続けに鳴らしてきました。

 バックミラーで見ると、なんかアルカポネみたいな、ずんぐりしたヤクザ風のおっさんが、不機嫌そうに睨んでいます。ですが、目の前を通り過ぎる救急車がどう見ても優先じゃろう、と今回はちょっとこっちもムカッときたので、なんでっしゃろかいねえ〜、とちらっと顔をだしてみたところ、信号は赤に切り替わりました。

 そうすると、そのおっさん、俄かにシートベルトを外しにかかってます。あれ、やるの?負けないよ!こっち悪くないもん。と、思っていたら本当に降りてきました。あらら、ちょっと、マジどうしたもんかいなあ、と思っていたら、おっちゃん、、、

 『あー。ごめんね、しつれいしました!』

 と、申し訳なさそうな笑顔で手刀を切ってきました。こっちはまだ憮然としてたので、『ああいやまあ』とぬらりと返すのでせいぜいでしたが、オッちゃん戻った後、車の中で思わず声に出して言いましたね。  あれこそが、大人、だよ!!。

 幾つになっても、ミスはするもんです。カッとなった時ほど短絡的に周りが見えないまま周りに当り散らしたり。でも、ハッと我に返った時どうするか。最近の風潮としては、逆ギレと称してそのまま謝らずに乗り切る、という実に理にかなわない、人としてなさけない風潮が一般的ですが、ようは、ああして、悪かった、と思った瞬間、多少躊躇はしても結局自分で自分の始末をちゃんと出来るか。わざわざクルマを降りて、謝りに行くという後始末をきちんとできるか。

 『おっちゃん、ちょっと気短いようだけど、わざわざ降りてきてくれたのは偉かったよ! 尊敬出来る振る舞い、その器、立派です。それこそが日本の紳士、です。』 と、お伝えしたかったなー。こっちは文章短いからすぐ言えたんだけどなー。でもそれを言うためにわざわざ追っかけて行ったら、おっちゃん、勘違いして、逃げちゃうだろうし、危ないからやめました。

 そう、どうでもよいことかも知れません。けど、ちょっと感動したので。 みなさん、GWはクルマの運転、気をつけてくださいね! では、楽しい休日を★★
 
     
 
  2018.04.15   先日、お仕事でジャズ演奏をしてきたのですが、ちょっとつれづれに感じたことを。

 他人に評価されることで満足できることと、たとえ評価されても自分が納得しなかったら満足できないこと。特に人前での演奏は、見られる側と見る側の意識がピッタリくることってそうそうなく、それをピッタリをさせ得る演奏者、要するに居ながらにして他人様をこちらの世界に引き入れる力があるプレイヤーこそがプロというものでしょう。

 うわ〜、振りかぶって大上段からボールを投げてしまった。チョーやばい。これから何を言っても自分に全てグサグサと突き刺さるじやあぁ〜ないか!

 いいのです。上に向かうことは大事ですが、すでに自分を超100点満点だなんで思っていませんから(開き直り)。

 そう、こないだ演奏してみて、まあ自分の未熟さは常々痛み入るところではあるのですが、まあまあ気持ちよかったのですよ。プチ無茶振りな曲も大過なくメモリーで演奏できたし、よう頑張った!部類でしょう。

 ただ、自分の精神状態がローな時の及第点は、通常のギリギリアウトだったりするわけで、その時の気持ちの有り様で、見るもの聞くもの感じるものの印象が、まるっきり違ってくるんですよね〜。 まあ今は一定に安定しずらい、そういうお年頃なのかなぁ、とも思いますが。 そう、この日は超ローサイドな日でした。

 自分が気持ちよかった曲は、反応がイマイチで、ウーン、なんか乗れないや〜、と思った曲はなぜかウケがいい。なぜだか不思議でした。この感じ方のズレがまた楽しくて、一体何なんでしょうねえ〜、と思いながら、好き勝手に吹きまくってしまった。。。

 まあプレイヤーたるもの、好き勝手に吹く、という感覚は大事です。でも、これからはより中身をもっと詰めて、自分もお客さんも一緒に気持ち良くならねば、と改めてちょっとだけ思いまして。

 発信する側、それを受ける側。何にでもそういうコール&レスポンス的構図はありますが、ウキウキしてたり、疲れてたり、なんかイライラしてたり、とバラバラな人の気持ちが、音を聴いてもらっている間だけは、一つの世界に浸ってもらって、何かしらの感動に浸ってもらう、とそういう事がしたかったんじゃあないかな、と。40数年前、宮崎の大淀小学校の体育館で聞いた、バイオリンの生演奏の感動に音楽の素晴らしさを感じた幼い1日を、ふと思いだした春の一夜でございました。40年以上前かあ。人生、、、、はえ〜。

 そしてそう、もう春です。はっやいですね〜。夏、すぐに来ます。楽しむ事は急いで楽しみましょう。皆さん、良いGWを!!(ホラ、びっくりでしょ!もうゴールデンウィーク!)
 
     
 
  2018.04.01   オカマネタはやったし、引退ネタもやったから、何やろっかなあー。。。

 はっ、もう4月だ! あっ、皆さんいらっしゃったんですね。
どうもこんにちは!
花粉症は若さのシルシ、春の花粉は牛丼にかけて食べると美味しいらしいですよ。
その後いかがお過ごしでしょうか?

 僕のその後は、愛車のコスモ号をぶっ壊し、あまりのショックに駐車場のタンポポに話しかけてたら、撫でていた花のつぼみがクビからポロッと落ち、試し吹きでめちゃくちゃいい鳴りのする極上リードを大切にしまおうして手元が狂い5秒でパキッと割ってしまい、コンビニで目を付けていた塩むすびが一周したら居なくなっていました。

 いつも思うんですが何かの折りに、嫌がらせの神、なるものがフッと降臨し、『よし、じゃあ、これでどうじゃ』『ほう、なかなかしぶといの、ならこうじゃ☆』と、することなすことに(止め)を入れて、右往左往するなべを『フォッフォッフォッ☆』とあざ笑ってるんではないか、と思いますよ。

 今回は後悔先に立たずの神、手元狂いの神、老眼の神、も大集結し、寄ってたかってもて遊ばれてる気がします。

 でもね、悪魔の顔の裏には、実は天使がいるような気もするんですよ。
アタマ冷やして考えたら、あそこでああなったから、これが回避出来たんだなー、と思うことがよくあります。

 なんで、要は何かあった時にどこをどう見るか、の心の在り方、こそがポイントとなるのかな、と。
とはいえ、さすがにここしばらくは現実逃避睡眠に逃げまくってました。寝てる時は脳は閉店なんで、悩まなくて済みますから。まあ目覚めもいい夢も期待出来ませんがね。

 平和に健康に暮らせること、これがいかに尊いか、マジに身に沁みました。
誰かが言ってましたが、健康の為なら死んでもいい!
うーん、奥が深い。幸せの為ならどんなに不幸でもいい!
て感じですかね。

 先日ブルーノートで演奏してきました。お客様大盛り上がりでとても楽しい一夜でした。今度良かったらいらしてくださいね。

では4月1日、いいお天気日曜日になりましたね!良い休日を♪

 えっ?ああ、お店の場所ですか。
場所は、、、えっ南青山? 違いますよ。あっちはBlue note、でしょ。
こっちのは新宿歌舞伎町にある飲み屋です。喫茶『来夢来人』、スナック『どん底』の通りです。
居酒屋『ブルー能登』
知らない?
いい店ですよ。
 
     
 
  2018.03.15   最近のひそかな楽しみ。それは、毎晩の就寝沈没間際のフワフワ感をある音とともに、気持ちよく感じることです。
 それは、工作する音。見つけてしまったのです。職人が、黙々と作業する風景を映像に収めたユーチューブを。
 なんかチマチマした作業音とか、ジッと聞いていると気持ちよくなりません? 特に疲れている時とか。僕だけですかね? 変ですかね? カサコソカサコソ、、カリカリカリ、、コッッ、、コッッ、、カカカッッ、、コツコツコツ。。。 あーなんか、これだけで眠くなってきた。だめだ、今日はお休みなさい〜〜。

 ベビースプーン Baby spoon 12 - YouTube
 
     
 
  2018.03.01   チーターじゃない、ハイエナじゃない、あーなんだっけ、ど忘れした。有名な家電メーカーなんだけど。

 あれは忘れもしない19歳の春。初めての東京での一人暮らしに、秋葉原で炊飯器を買いました。
あたし買ったの、赤いハイヒール〜♪(太田裕美)てなもんです。まさに。

 で、この炊飯器。実に33年にも渡り、長らくも頑張ってくれました。
が、さすがに中のパッキンやらがへたれてきたので、まだまだ使えはしますが、この度ご勇退することになりまして。

 で次期主力戦闘炊飯器を買いました。コンセプトは【メシが炊けて保温が出来ればヨシ!】33年前と同じコンセプトです。
ですが、このピューマじゃない、ヒョウじゃない、なんだっけ?いつも炊きたて!がウリのこのメーカーの炊飯器、保温4時間後で、すでに異臭を放つ炊飯器でして。

 米洗ってもアウト、釜、フタを洗ってもアウト。33年で進化を遂げたはずが、まさかの異臭騒ぎ。
思いあまってバンドメンバーに悩み相談したら、『保温は基本的にやらない!炊き上がったら、すぐにおひつに入れる。余ったご飯はラップして冷凍庫!』と、なじられる始末。
鳴呼、昭和の常識は平成の非常識となりはてつるに、、(あまりのショックに言葉もヤバい)
おかしいなあ。33年前の安物炊飯器は実にいい子だったがなあ。。。

 ので、リコール出てないか、メーカーに問い合わせてみたところ、『この商品は12時間保温商品と取扱い説明書にも書いてありますので! お買い上げいただいたお客様の自己責任になります。』ととりつく島もなしにつれ、、、、(ああもう、日本語 が、、)
12時間保温?聞いたことないし。もちろんカタログにも記載なし。それにフツー、取説は買った後に初めて見るもんでないか? てか変なの売るなよ〜〜。

 なので仕方なく、むせび涙に泣き濡れつつ、絶望にこの身を打ち砕かれひしがれつつ、象のマークの炊飯器に変えたところ、なんと、フツーにご飯が保温出来ました♪♪♪。当たり前に☆!!。美味しい!ラララーン❤️

 保温は黄色くなるから(まあ2日目とかは、ちょっとね。だが食えるぞ)そのまえに食べきるのが当たり前派のバンドメンバーたち(そういやこの人たち、料理のプロだった)と、その商品を選んだあんたが悪い派のメーカーに包囲され、すっかりこの世を儚んでおりましたが、かくなる上は男ワタナベ!潔くこの身を!!と、あわや自決寸前!に、象の長〜いお鼻で、パオーンと救い出され、無事生還されました。

 世の中、理不尽なことが、割に、平気に、当たり前に横行しているようですが、これはまあ僕の意見。

 やはり朝炊いて、余ったご飯が帰ったらチョー臭い(言っておきますが4時間後にはすでに、です。しかも臭さがチョーレベル)のは、目くじら立てる方が了見狭いんですかね?
でもホント、チョー臭かったんですけど。

 もし、イヤわたなべさん、アンタ、言ってること間違ってナイよ!正しいヨ☆そんなの中国人も怒るアルよ。それ位はフツー保って当たり前だよ!アンタ自信持って生きな!と、ありがたくも僕のなで肩をポンと叩いて、慰めていただける貴方(貴女)がおられましたら、ありがとう❤️炊飯器の買い替えは象のマークが目印です。中国にも輸出してます。

 あははん、保温するなんてね〜、何言ってんの?やる方がおかしいよ、ご飯は炊きたて一番で、保温はその食事の間だけ保たせるものだよ、非常識だね。なんておっしゃる方は、僕のライブでは入場制限がかかるかも。

 あ、しまった!そしたらバンドメンバーが当日誰も入れない!どうしよう。。。

 それにしても、なんてメーカーだったかなー、最近ホントに、ど忘れがヒドくて。。
イリオモテヤマネコでもない、ライオンでもない、ライオンは歯磨きか西部ライオンズだよ、えっと阪神タイ、、、、、

      あっ、、
 
     
 
  2018.02.15   皆さんお疲れ様です。インフルには罹っていませんか?罹った人は治りましたか?体が冷えるこの時期は心身ともに固まりがちなので、そんなアナタに熱いハカダンスの映像をプレゼントいたします!

Emotional wedding Haka moves Maori bride to tears, NZ - YouTube <https://www.youtube.com/watch?v=QUbx-AcDgXo>


結婚式場でのごく一般的な風景らしいですが、最初見た時、これはこの結婚に不満のある一派が打ち入って来て、今にも取っ組み合い、乱闘がおっ始まる映像か?とワクワクしたのですが、どうやら、このダンスを晴れの舞台で披露することは、最高の祝福らしいです。どうみても、新郎新婦を威嚇、恫喝してるようにしか見えませんが。

 でも、実はニュージーランドでは小学校の頃からこのハカダンスの授業があるらしく、ニュージーランドの人たちは、子どもの頃からこの勇ましい先住民の伝統に、男の子も女の子も慣れ親しんでるようですね。なんかの記事で読んだだけですが。日本人の体にラジオ体操第一が刷り込まれているのと同様でしょうか。見慣れてくると、血に染み込んだマオリの伝統が、この人たちを突き動かしているように見えます。

 もう最初嬉しがっていた花嫁は、だんだん感極まって涙ぐんでくるし、花婿は自分も『ブワッ!!』とか言って踊りたくウズウズし始めてるし、花嫁の友人(綺麗な女性です)は、もう腕振り上げて一緒にハカダンス参戦しちゃってるし、もう本能!!いやー文化が違うとここまで、すごいんですね!

 何度も見てると、だんだんやりたくなるハカダンス。チーム組みませんか?
 
     
 
  2018.02.01   手元不如意。てもとふにょい。何だかふにょふにょしてますが、年取るとアバウトになる実感を最近噛みしめています。

 まず言葉が出てこない。こないだ職人さんにエンジンパーツの加工をお願いした際、依頼するかどうかしばし逡巡していたら、『あ、そうだな、費用の折り合いがつかねえと判らねえからな』とサラリとおっしゃった、この言葉。 手元不如意な私めのお財布事情を、知ってか知らずか、ざっくばらんではあるけども、さりげなく親身な物言いに、いたく感動してしまいまして。

 だのに、思い返すたびにこの、『折り合い』という言葉が、出てこなくってですね。もうホント、脳細胞が日々激烈に崩壊していってるんじゃないかと、ちょっとした絶望を味わっているんですが。『費用の按配』『費用の都合』『費用の頃合い』『費用の駆け引き(?)』などと、遠からずも近からずな言葉ばっかりが、邪魔をしてですね。『折り合い』が、出てこないんです。今回もパソコンに残しておいた整備記録のメモに辛うじて残っていた『折り合い』を見て、ようやく思い出した次第。

 物忘れも大概ですが、日常の見切り能力も、かなり性能がヤバイ。 昨日は、卵ご飯を作り、コンブをふりかけ、ちょっと寂しいから、おかずをもう一品温めようと、レンジの扉を開けたら、扉の上の卵ご飯がバチャーと降ってきました。 目の前30cmでの出来事です。まずなんで、扉の上にんなもん置くかな?、で、なんで、その状態でなんで無邪気に扉開けるかな? 見えてるだろうめ!!一瞬生きる活力が消え失せましたね。 して、その反省もなしに、そのお椀を持ったままの移動中、肩幅の見切りが甘く、柱や襖に肩がガシガシ当たって、手に持った椀がユッサユッサ揺れまして、なんか到着までにだいぶ、中身が落ちてしまいました。 それでもなぜか勢いに任せて、ゆっくり歩こうとしない自分。 

 生きることの丁寧さに欠けているんでしょうか。なんでしょね?やっぱりこんなの僕だけですか?こないだなんか、コーヒーを手に持ったまま、久しぶりの生徒さんに『おう、久しぶり!!』なんて、持った手を無邪気に降ったもんだから、腕、顔、床一面にビチャビチャビチャーー!!とコーヒーが飛び散りましたよ。 誰かとぶつかったー!というならコーヒーをこぼすのも話はわかるのですが、おう、久しぶり!で、すっかり嬉しくなっちゃっただけで、自分にコーヒー振りかけますかね。   

 手元不如意。本来の意味は、家計が苦しいさま、の意ですが、文字通り、手元が頭がヤバイ。誰かどうか助けてくださいませ。宜しくお願いします。
 
     
 
  2018.01.15   みなさんこんにちは。楽しいお正月を過ごせましたでしょうか。あっという間に15日が過ぎてしまいましたが。本当にある年齢になってくると、時間が経つのが早い! 気がします。

 これでも、活動時間はかなりな程度に、色んなことをキチキチにつめこんでいるつもりですが、ふと気がつくと、ああ、昨日の朝もこんなだったなあ、なんて、つい10分前のことのように感じてしまいます。大体今週も来週も似たような流れなので、一週間という単位が1日の朝昼晩みたいな速さにも思えるのです。

 でも待ち時間。これはとても長く感じますよね。あと、気の進まないこと、これなんかも早く過ぎてしまわないかなー、なんて考えながらいつまでたっても来ない気がしますね。胃の痛い時間が長いこと長いこと。

 反対に楽しいこと。これは考えただけでウキウキなので、はーやーく!はーやーく!なんて、思うのですが、これは逆にピャッと終わっちゃう気がします。

 小学生の頃、1学期の終わるのが超?超?長かったです。やっと夏休みじゃい!待たされたなーなんて、ウキウキに休みが始まって、でも夏休みは比較的早く過ぎてしまい、ある夏休みの最終日の晩、なべ母さんに『あー、夏休み、おわった?。全然遊ばんかった?。。。』と嘆いたら、『何言うちょるとね。今日昼間、五味のにいちゃんにあんげ遊んでもろちょったがね!』と、呆れたように言われた覚えがあります。そう、そう言われて思い出したんですが、その日一日、近所のお兄ちゃんにかくれんぼで遊んでもらってたのです。きっと、楽しすぎて自分の中では、もっともっと、という物足りない気持ちがどこかにあったのでしょう。

 やはり、楽しいことというのは、あっという間に過ぎて、残るのは幻のような思い出だけなようです。でも、その楽しい気持ちを思い出すのは何度でもできるので、楽しいことを大切に、かつたくさんたくさん思い出して、少しでも心豊かな時間を持てたら、と思う今年一年。 この歳になると、子供の頃のようなご新規未体験のお楽しみなんて、そうそうないですからねー。 どうせ生きるなら、ささやかな楽しみを少しでも薄く伸ばしてでも、増幅していきたいですもんね。貧乏性かなあ。

 まあ、1月後半も楽しくまいりましょう!!皆さん、風邪に気をつけてね!
 
     
 
  2018.01.01   みなさま、あけましておめでとうございます🎍 今年もどうぞよろしくお願い致します!

 いやー、晴天のとても清々しい晴れ晴れとしたお正月でしたね!! みなさま、よい初夢は見れましたか? わたくしは、またもやゾンビと闘う夢を見ました。で、あまりに夢見がイマイチすぎて自分が可哀想だったので、2度寝し、再トライしたら今度は昔のバイト先に舞台が移り、おっさん上司に日々のサボりについて文句を言われたので、カラ元気に開き直って、自分がいかに会社の利益を優先し、常々考え、振舞っているかを大演説する夢でした。

 僕の場合はだいたい懸案事項を抱えている時は、夢にその不安が具現化されるというか、別のなんだかヤな映像として出てきます。まあ、人間誰しも悩みを抱えているわけで、それをどう前向きにとらえてゆくかによって、ストレスの比率が変わってくる(と思う)わけですが、あれですな、心の中で一定の解決を見ていない時は、オレオレ詐欺と一緒で、不安定状態に付け込まれる感じがしますね。

 そうなったらやはり弱いもので、どんどん自分が流されてゆくので、自分の場合は仮で良いので対策、解決法を整理し、なるべく不安に押しつぶされないようブロックすることにしています。とはいっても、心の隅にズーッとそれは引っかかっているので、なんかモヤモヤはしているんですが。まあ僕は、小鳥のように小心者なので、ささやかな抵抗なのです。

 でも、正月早々うだつの上がらないお話ですが、ゾンビの夢まで見て実感として感じたことなので書きますが、暗闇の中に自分がひとりぽっちに存在してるような不安定感、大切にしているものが自分の手から消えてゆく悲しさと後悔、世界にどこにも味方が見当たらない感というのは、身も世もないほど限りなく心細いものですね。あの感じはイヤー実に、辛いものですな。 映画サイレントヒルで、ローリー・ホールデン演じるシビル・ベネット巡査が、カルト教団に火あぶりにされる時、灼熱に勇敢に耐えながら『味方はいない。ママ、近くにいて』を言いながらひとり死んでゆくシーンが、なんとも印象的でしたが、迫り来る死と必死に戦う勇敢さと恐怖の同居。いやあ、主役よりも好きだったなー、あの役。

 と、いう感じでつらつらとなんとなく思ったことを書き連ねてしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございます。どうぞ今年もこんな感じでごゆるりとご一緒願えましたら、わたくし、こんなに心丈夫なことはございません。

 みなさまー。今年も元気に一年、どうぞよろしくお願い致します✨
 
     
 
   
  ←前 | ページ 2002200320042005200620072008200920102011201220132014201520162017
2018
 | 次→
 
戻る