エポス文学館 改め 

 マリネコ文学館

サロン及び翻訳城

今月の言葉

<いま私は、上に述べきたった学説が、創造の計画の崇高な観念を叙述することによって、もっとも魅力あるものとなる部分にさしかかっている。私をそこへと導いていった思考の順序は、簡潔で自然である。それは以下のごとくである。多くの恒星からなる一体系があり、天の川の構造をそのようなものであるとみなしたように、諸恒星がそれらの位置において、ひとつの共通の平面に関係するものとしよう。もしその体系が、体系内の個々の星を見分けようにも、もはや望遠鏡においてさえ不可能になるほど、われわれから遠ざけられたならば、またはその体系までの距離と、天の川の星までの距離とが、ちょうどわれわれから、天の川の星までの距離と、太陽までの距離とに同じ比率ならば、要するに、そのような一つの恒星集団の世界が、その外にいる観測者の目から、測りしれない遠方において眺められたならば、この恒星世界は、わずかな角度において、かすかな光でもって照らされた、小空間として現われるであろう。その形状は、その平面が視線に対して垂直に向かうならば、円形であろうし、側面から見られるならば、楕円形であろう。光の微かさ、形状、および直径が見分けられることから、もし存在するならば、そのような天象は、個々に見分けられるあらゆる星々から、はっきり区別されるであろう。
 ・・・ここで述べているのは、星霧あるいはその一種といえるものである。それについて、モーペルテュイ氏は次のように記述している。――「何もない天空の暗闇よりも、少しだけ明るい小さな部分があり、それらはみな、多かれ少なかれ楕円形をしており、天空に認められるほかのどの天体よりも、その光がはるかに弱いという点で、共通している。」天文神学の著者[w・ダーハム]は、これは天にあけられた穴であろうと想像し、そこから火天(最高天)がのぞけるものと信じた。・・・
  はるかに自然で、わかりやすいのは、それらが個々の巨大な星ではなく、たくさんの星からなる系であり、遠方にあるために、そのように狭い空間にしか現われず、個々では見分けられない光が、無数に集まることによって、一つの青白い微光となって現われるのである、ということである。われわれの存在している、諸恒星の系との類比、われわれの学説によれば、まさにそうでなければならない形状、無限の遠方にあるという前提のもとに、要求される光の弱さ、これら三つのことが完全に符合して、これらの楕円の形状をした天象を、われわれがその性状を述べきたったものと同じ世界秩序、いわば銀河系であると見なせるのである。そして類比と観察とが完全に一致し、支えあう、そのような推論が、正式の証明と同じだけの価値があるならば、これらの銀河系の存在が確かであることが、決定されたものと見なさざるをえまい。
  さらに推測をおし進めれば、これらのより高い世界秩序(銀河系)も、相互に関係がないわけではなく、この相互関係により、さらに測りがたい一つのシステムをなしているであろう。・・・
  上に述べた学説は、創造の限りない領域に、一つの見通しを開くものであり、偉大なる造物主の無限性にふさわしい、神の作品の一表象となるものである。その中では地球が、ほとんど目にとまらぬ砂粒のようなものである、一惑星系の世界構造の広大さが、悟性を驚嘆させるならば、天の川全体を満たす無慮無数の世界と系とを目にするならば、どれほどの驚愕に打たれることであろうか。そればかりか、全てのこれらの数えきれない星々の秩序が、果てのない一つの数の、一つの単位をなすものであり、おそらくはそれもまた、前者と同じく測り知れず巨大であり、しかもまたそれも、新たな数列の一単位であることに気づくならば、この驚愕はどんなに増すことであろうか。われわれは、世界とシステムとの前進する(段階的な)関係の最初の諸項を見ているのであり、この無限の前進の最初の部分は、すでに全体について何を推測すべきかを、認識させるのである。ここには終わりはなく、真の無窮の深淵があるのである。その中では、もし数学によって救い上げられなければ、人間の思考のあらゆる能力は沈んでしまうのである。啓示された叡知と善と力とは無限であり、それに応じて豊饒であり、活動的である。したがって、それらの啓示の計画もまた、それら同様に無限で、果てしないものでなければならない。>
 ――イマヌエル・カント天界の一般自然史と理論」より 

This page in English        

<マリネンコ文学の城>は翻訳と創作をかねた個人的趣味のかなり濃厚な文学サイトです。
ご興味のある方は気軽にご訪問ください。


 
 
欧米文学/ 

マリネンコ
翻訳城




翻訳城便
自然とのコミュニオン
リチャード・ジェフリーズ:わが心の物語(1,2章)
         : わが心の物語 (3,4
         : わが心の物語 (5章)

E・A・ポオ妖精の島

都会の孤独
E・A・ポオ群集の人

夢と人生
L・ハーン狂える浪漫主義者(ジェラール・ド・ネルヴァル)
L・ハーン:悪魔のざくろ石・万聖節の夜・他(「ファンタスティクス」より)
ヴァン・ホディスハッケル博士の最期・詩抄

愛と死

ダウテンダイ粟津の晴嵐

放浪伝説
L・ハーンロマの血
R・L・スティーヴンソン砂丘の冒険[臨海楼綺譚](第1,2章)
     砂丘の冒険(第3,4章)
     砂丘の冒険(第5・6章)
      
:砂丘の冒険(第7章)
     :
砂丘の冒険(第8・9章)

ドイツ・メルヘンの世界

レアンダー:童話集1老婆の粉ひき場ほか
  :童話集2  こぶのある少女;こがねっこ
  :
童話集3 見えない王国
 
:童話集4 沼に落ちたハイノ
  :童話集5 
泉になった墓;小鳥
 
:童話集6 黒い子と金色の王女
グリム兄弟よたものたち;こわがりを学びに出たわかもの
W・ハウフ若いイギリス人 
シャミッソーペーター・シュレミール――影をなくした人――(1)

西洋詩の世界
レーナウ:詩抄憂愁の旅人
E・A・ポオ
詩抄<夢幻郷>
ロングフェロー他メランコリック詩集「雨の日」

西洋怪談の世界 
アムブローズ・ビアス:様々な幽霊―「相部屋」「幽霊屋敷」ほか
ヨナス・リー海魔
ヴィルヘルム・ハウフ幽霊船

夜の幻影
アムブローズ・ビアス妖夢―夜の幻影― 
ナサニエル・ホーソーン夜半の幻―心の幽霊―
ナサニエル・ホーソーン夜のスケッチ―雨傘の下から―
ラフカディオ・ハーン夢中飛行
ラフカディオ・ハーン夢魔の感触
ラフカディオ・ハーンヴェスペルチーナ・コグニチオ(黄昏考)  
 ビブリオテク・ウラニボリ
     電子書籍

 Amazon Kindle本
見えない王国・フォルクマン=レアンダー童話集(「見えない王国」他・全6篇)
沼に落ちたハイノ・フォルクマン=レアンダー童話集2
(「沼に落ちたハイノ」他・全4篇)
砂丘の冒険 R・L・スティーヴンソン作


サロン・ウラノボルグ

メタ文学サロン)
サロン・ウラノボルグ
 
サロン・ウラノボルグ 開幕
 夜男爵の鏡のバラッド
 カイメラ氏の英雄詩講座その1<ギルガメシュ叙事詩>
 アフララ作<仙人>
 ナタニエル作虹を追う少年  
 ブルフローラ口寄せムーン・ファーム
 モーグルズ・フェイブルズ
 コスミッシェス・インテルメツォー:夜男爵の言葉の終末
 カイメラ氏の英雄詩講座その4エッダ
 
10デカンションへの旅(1)
 11
デカンションへの旅(2)第1章・第2章>
 12. 
<デカンションへの旅(3)断章1・2>
 13デカンションへの旅(4)断章3彼方へ>

カイメラ氏の英雄詩講座
 第1回:サロン3<ギルガメシュ叙事詩>
 第回:<ホメロス>
 第<ベオウルフ>
 第4回:サロン9<エッダ>
 第5回<ユーカラ瞥見>
 第6回 <ロランの歌>

英雄詩講座ノート

   @ 歌謡と叙事詩

夜男爵詩集<ネロポリス> 
       <ネロポリスU夜男爵の部屋より
       <Anschauungen―散文詩集夜男爵の部屋より

夜男爵の部屋 (純文学の貯蔵所)第17夜<過去からの招待状・夢文学についての対談付き>羽和戸玄人作
Amazon Kindle本
最短詩集「七里靴」「海のイデア 羽和戸玄人作
                                                                           

 
 雑録・他

    ねころぐrenewal<エッセイ・雑録> テーマ別ねころぐ 

   言葉の玉手箱PartT(「今月の言葉」の集成)

   言葉の玉手箱PartU(「今月の言葉」の集成)

  掲示板(サーヴィス終了につき廃止)

  管理人の部屋(「キャラクター紹介」「幻影館の人生」)
   リンク
  シルクロード浪漫 「星の旅人―指月紀美子作品集」(休止中)

  ヨナ・他(夢遊星人創作集)パブーeBook

  毛呂山ローカルライフ (ブログ)

Amazon kindle 本
くるえるストーリーズ 夢遊星人作(「ヨナ」他、全12篇の小説)
老人国(現代の理想郷事情)夢遊星人作ファンタジー
沼―幻想小説集 夢遊星人作
闇からの呼び声 (幻夢小説集)夢遊星人作
山人 夢遊星人作
青き彼方(夢小説集) 夢遊星人作
    更新 TOP:2009.10.22 サイト名変更
翻訳城2020.4.12L・ハーン「ヴェスペルチーナ・コグニチオ(黄昏考)」
    2019.9.13「ペーター・シュレミール――影をなくした人――」
    2019.6.25<L.ハーン「夢魔の感触」>
    2019.6.12<L.ハーン「夢中飛行」>
サロン・ウラノボルグ:
2012.6.23<デカンションへの旅(4)>
    2012.5.27<デカンションへの旅(3)>
英雄詩講座:2019.7.25<ロランの歌>
    2014.3.26
<ユーカラ瞥見>
夜男爵の部屋2021.5.20<過去からの招待状>羽和戸玄人作
    2019.6.4<続・最短詩集・海のイデア>羽和戸玄人作
    2019.5.23<最短詩集・七里靴>羽和戸玄人作
ねころぐ:
2023.1.22最新記事<AphorismenW><浦賀の海><夢想欲について><現実欲について><世界我について><超越的他我について><超越的回路について><文芸の観察について><Meeresstille><AphorismenV脳について><意欲の本質><AphorismenU><自我意識の本質><余命について><自閉宇宙><人生の重圧><Ignorabimus><人生の自給自足について>
翻訳城便り:2022.3.10<精読と多読(「英語再入門」)>
    2021.9.21<翻訳の進化>
理人の部屋:2018.4.30<幻影館の人生>
    2009.10.22  キャラクター紹介
                                                  
管理人・文責:脩 海
e-mail
eposbungakukan@hotmail.com

開設: 2004.11.17
(上の画像はティコ・ブラーエの天文台ウラニボリUraniborg)