エポス文学館 改め 

 マリネコ文学館


今月の言葉

<見てごらん はるかにかすむ 西の果てに
ぽつねんとたたずむ 不思議な都があり
死神が築いた 玉座がそこにある
善きことも 悪しきことも 度はずれた悪も善も
そこでは とわに安らいでいる
そこでは神殿も 宮殿も 塔も
崩れもせず 時に蝕まれた塔も
この世のものとは 似ても似つかず
あたりには 風さえ吹くことを忘れた
空のもとに 鬱うつとして よどんだ
海水が 広がっている

その都の いく時間となく 長い夜の上に
天国からの 聖なる光が 降ることはない
かわりに 赤く照る海からの光が
静やかに 塔をはいのぼり
おちこちの 尖塔を 気ままに照らしだし
丸屋根を 塔頂を 王宮を
寺院を バビロンのものに似た城壁を
石に刻まれた 蔦と花とが飾る
打ち忘られた 影なす亭(あずまや)を
からみあう ヴィオル(弦楽器)と菫と蔓草の 軒を飾る
数々の神殿を 照らしだすのだが
空のもとには 鬱々として よどんだ
海水が 広がっている
その都では 建物の櫓(やぐら)と影とは 溶けあって
何もかもが 空中に 浮かぶかのようだが
その都の ひとつの 誇らかな塔からは
死神の 巨大な姿が 見下ろしている

そこでは 扉のあいた神殿と 口をあけた墓とは
照り輝く海面と 同じ平面にある
にもかかわらず 神像ごとに
ダイヤのはまった 眼の宝も 
死者のまとう きらびやかな 宝玉も
海水を おびき寄せはしない
ああ いかなる小波も 立つことはなく
その硝子のような 荒寥には
どこか遠くの より幸福な海に 風がふいていることをつげる
いかなるうねりも 起こらない
これほどおそろしく 静まってはいない どこかの海で
風の起こったことを告げる いかなる波立ちもない

だが 見てごらん 大気がひとしきり かき乱されている
波だ!――そこに 動きが起こっている
あたかも 塔どもが わずかに沈んで よどんだ潮(うしお)を
押しのけでもしたように
あたかも 塔の頂が うす曇った空に
かすかな隙間を 空けたかのように
波は より赤く 照らしだされている
時が 重くかすかに 息づきはじめた
かの都が この世ならぬ 苦悶の声につつまれて
下へ 下へと 没していく時に
無数の玉座に 冠たる地獄が たちのぼり
沈みゆく都を うやまうであろう

     ――
E・A・ポオ海中の都

This page in English        

<マリネンコ文学の城>は翻訳と創作をかねた個人的趣味のかなり濃厚な文学サイトです。
ご興味のある方は気軽にご訪問ください。



 
 欧米文学/ 

 翻訳城




 翻訳城便り
自然とのコミュニオン
リチャード・ジェフリーズ:わが心の物語(1,2章)
         : わが心の物語 (3,4
         : わが心の物語 (5章)

E・A・ポオ妖精の島

都会の孤独
E・A・ポオ群集の人

夢と人生
L・ハーン狂える浪漫主義者(ジェラール・ド・ネルヴァル)
L・ハーン:悪魔のざくろ石・万聖節の夜・他(「ファンタスティクス」より)
ヴァン・ホディスハッケル博士の最期・詩抄

愛と死

ダウテンダイ粟津の晴嵐

放浪伝説
L・ハーンロマの血
R・L・スティーヴンソン砂丘の冒険(第1,2章)
     砂丘の冒険(第3,4章)
     砂丘の冒険(第5・6章)
      
:砂丘の冒険(第7章)
     :
砂丘の冒険(第8・9章)

ドイツ・メルヘンの世界

レアンダー:童話集1老婆の粉ひき場ほか
  :童話集2  こぶのある少女;こがねっこ
  :
童話集3 見えない王国
 
:童話集4 沼に落ちたハイノ
  :童話集5 
泉になった墓;小鳥
 
:童話集6 黒い子と金色の王女
グリム兄弟よたものたち;こわがりを学びに出たわかもの
W・ハウフ若いイギリス人 

西洋詩の世界
レーナウ:詩抄憂愁の旅人
E・A・ポオ
詩抄<夢幻郷>
ロングフェロー他メランコリック詩集「雨の日」

西洋怪談の世界 
アムブローズ・ビアス:様々な幽霊―「相部屋」「幽霊屋敷」ほか
ヨナス・リー海魔
ヴィルヘルム・ハウフ幽霊船

夜の幻影
アムブローズ・ビアス妖夢―夜の幻影― 
ナサニエル・ホーソーン夜半の幻―心の幽霊―
ナサニエル・ホーソーン夜のスケッチ―雨傘の下から―  
 ビブリオテク・ウラニボリ
     電子書籍

 Amazon Kindle本
見えない王国・フォルクマン=レアンダー童話集(「見えない王国」他・全6篇)
沼に落ちたハイノ・フォルクマン=レアンダー童話集2
(「沼に落ちたハイノ」他・全4篇)


サロン・ウラノボルグ

メタ文学サロン)
サロン・ウラノボルグ
 
サロン・ウラノボルグ 開幕
 夜男爵の鏡のバラッド
 カイメラ氏の英雄詩講座その1<ギルガメシュ叙事詩>
 アフララ作<仙人>
 ナタニエル作虹を追う少年  
 ブルフローラ口寄せムーン・ファーム
 モーグルズ・フェイブルズ
 コスミッシェス・インテルメツォー:夜男爵の言葉の終末
 カイメラ氏の英雄詩講座その4エッダ
 
10デカンションへの旅(1)
 11
デカンションへの旅(2)第1章・第2章>
 12. 
<デカンションへの旅(3)断章1・2>
 13デカンションへの旅(4)断章3彼方へ>

カイメラ氏の英雄詩講座
 第1回:サロン3<ギルガメシュ叙事詩>
 第回:<ホメロス>
 第回:<ベオウルフ>
 第4回:サロン9<エッダ>
 第5回<ユーカラ瞥見>

英雄詩講座ノート

   @ 歌謡と叙事詩

夜男爵詩集<ネロポリス> 
       <ネロポリスU夜男爵の部屋より
       <Anschauungen―散文詩集夜男爵の部屋より

夜男爵の部屋 (純文学の貯蔵所)第14夜<志馬氏の夢日記(後篇)>

                                                                           

 
 雑録・他

   newねころぐ<雑録>

   言葉の玉手箱(「今月の言葉」の集成)

  掲示板

  プロフィール(キャラクター紹介)
   リンク
  シルクロード浪漫 「星の旅人―指月紀美子作品集」

  ヨナ・他(夢遊星人創作集)パブーeBook

Amazon kindle 本
くるえるストーリーズ 夢遊星人作(「ヨナ」他、全12篇の小説)
老人国(現代の理想郷事情)夢遊星人作ファンタジー
沼―幻想小説集 夢遊星人作
闇からの呼び声 (幻夢小説集)夢遊星人作
    更新 TOP:2009.10.22 サイト名変更
翻訳城2018.1.31<砂丘の冒険・第8・9章>
    2018.1.12<砂丘の冒険・第7章>
    2017.5.20<砂丘の冒険 第5・6章>
    2017.3.18W・ハウフ<幽霊船>
    2017.2.18ヨナス・リー<海魔>
サロン・ウラノボルグ:
2012.6.23<デカンションへの旅(4)>
    2012.5.27<デカンションへの旅(3)>
英雄詩講座:2014.3.26<ユーカラ瞥見>
夜男爵の部屋2017.5.29<志馬氏の夢日記(後篇)・夢遊星人作>
    2016.12.14<志馬氏の夢日記・夢遊星人作>
    2016.3.26<夜の中心への旅5・6章「夜への序章3・4」>
ねころぐ:
2018.4.19最新記事<頭脳と肉体><四月の花の競艶><相互主観について><山の桜><自我と身体の無意識><自我と身体><三月の桜><自我と言語><三月の梅><自我の階層><sentienceまたは感性直観について><心の自由について><人間のアレテー>
翻訳城便り:2017.5.24 <怪談と推理小説>
プロフィール:2009.10.22  キャラクター紹介
                                                  
管理人・文責:脩 海
e-mail
eposbungakukan@hotmail.com

開設: 2004.11.17
(上の画像はティコ・ブラーエの天文台ウラニボリUraniborg)