エポス文学館 改め 

 マリネコ文学館


今月の言葉

<あはれ黄金時代よ、その世は信心深き族の
何の拘束も知らず、罰といふものの恐れもなく
唯己が心のままに振舞ひてやがて善く正しかりき。
厳しき言葉に綴られし誡めの布告もなくて
自から品よき習はしと秩序とは保たれぬ。
又判官の前に恐れかしこまる奴隷もなかりし。
人は未だ剣も鎧も知らず
喇叭も戦を呼ぶ角笛も人の世の外なりし。
未だ都を繞らす堀もなく
人は唯己れに隣る世界の外を知らざりき。
檜の船は未だ曾て浪路を凌がず、
人は世界の果を見んとて船材に斧を入るる事もなかりき。
静に平和に世はおさまりて
土はその収穫を稔れよと
鶴嘴と鋤とに打砕かるる事もなかりき。
 ・・・・・・・
世は三度めぐりて黄銅の時となりぬ。
心荒々しく武器を取る手もいと疾く、
されどなほ無慚の心はなかりき。恥知る心、規律と正義の
失せ果てしは四度目の世となりし時、
そは鉄の時代、嘘と偽りの奴とて
掠め奪わん欲望に廉恥を忘れし時のことなり。
此の時より腐れたる世界の暴力は
入り来ぬ、詭計や陥穽も。

山の樅樹は斧に打たれて倒れ、
作れる船の舳(へさき)は知られざる海を進み行く。
船夫は風に帆を張るすべを知れど
行方は何処とさだかには知り難し。
農夫は心して土地の仕切り定めぬ、
さなくば光や空気と同じく持主は定め難からん。
今は此の土も鋤鍬の責苦のみか
人は其の臓腑の奥迄も掻きさぐりぬ。

宝を求めて人は穴を掘りぬ、最も深き縦抗に
悪きものを誘はんとて神の隠せし宝なり。
禍の種なる鉄は夜より現はれ
更に深き禍と悩みを齎して黄金も出で来ぬ。
此等と共に戦争は生れ
二つの金属は此れに武器を貸し与へぬ。
そは血潮に染みし手に打ち振られて鳴りひびきぬ。
世は掠奪に生き奪へるものを貪り喰ひぬ。

かくて客人の命を奪ふ宿の主も
舅姑の生命に仇する婿も現はれ、
夫に慄く妻、妻に慄く夫も出で来ぬ。
兄弟の間にさへ友情は稀に、
継子は継母に毒を飼はれ、
息子は父親の死ぬべき年を数ふ。
愛の神は死し、終にアストレアは逃げ去りぬ。
神々の最後のもの、血を好むゲーアさへ。>

   ――オヴィディウスメタモルフォセス」より [アーレニウス史的に見たる科学的宇宙観の変遷」(寺田寅彦訳)より]

This page in English        

<マリネンコ文学の城>は翻訳と創作をかねた個人的趣味のかなり濃厚な文学サイトです。
ご興味のある方は気軽にご訪問ください。



 
 欧米文学/ 

 翻訳城




 翻訳城便り
自然とのコミュニオン
リチャード・ジェフリーズ:わが心の物語(1,2章)
         : わが心の物語 (3,4
         : わが心の物語 (5章)

E・A・ポオ妖精の島

都会の孤独
E・A・ポオ群集の人

夢と人生
L・ハーン狂える浪漫主義者(ジェラール・ド・ネルヴァル)
L・ハーン:悪魔のざくろ石・万聖節の夜・他(「ファンタスティクス」より)
ヴァン・ホディスハッケル博士の最期・詩抄

愛と死

ダウテンダイ粟津の晴嵐

放浪伝説
L・ハーンロマの血
R・L・スティーヴンソン砂丘の冒険[臨海楼綺譚](第1,2章)
     砂丘の冒険(第3,4章)
     砂丘の冒険(第5・6章)
      
:砂丘の冒険(第7章)
     :
砂丘の冒険(第8・9章)

ドイツ・メルヘンの世界

レアンダー:童話集1老婆の粉ひき場ほか
  :童話集2  こぶのある少女;こがねっこ
  :
童話集3 見えない王国
 
:童話集4 沼に落ちたハイノ
  :童話集5 
泉になった墓;小鳥
 
:童話集6 黒い子と金色の王女
グリム兄弟よたものたち;こわがりを学びに出たわかもの
W・ハウフ若いイギリス人 
シャミッソーペーター・シュレミール――影をなくした人――(1)

西洋詩の世界
レーナウ:詩抄憂愁の旅人
E・A・ポオ
詩抄<夢幻郷>
ロングフェロー他メランコリック詩集「雨の日」

西洋怪談の世界 
アムブローズ・ビアス:様々な幽霊―「相部屋」「幽霊屋敷」ほか
ヨナス・リー海魔
ヴィルヘルム・ハウフ幽霊船

夜の幻影
アムブローズ・ビアス妖夢―夜の幻影― 
ナサニエル・ホーソーン夜半の幻―心の幽霊―
ナサニエル・ホーソーン夜のスケッチ―雨傘の下から―
ラフカディオ・ハーン夢中飛行
ラフカディオ・ハーン夢魔の感触  
 ビブリオテク・ウラニボリ
     電子書籍

 Amazon Kindle本
見えない王国・フォルクマン=レアンダー童話集(「見えない王国」他・全6篇)
沼に落ちたハイノ・フォルクマン=レアンダー童話集2
(「沼に落ちたハイノ」他・全4篇)
砂丘の冒険 R・L・スティーヴンソン作


サロン・ウラノボルグ

メタ文学サロン)
サロン・ウラノボルグ
 
サロン・ウラノボルグ 開幕
 夜男爵の鏡のバラッド
 カイメラ氏の英雄詩講座その1<ギルガメシュ叙事詩>
 アフララ作<仙人>
 ナタニエル作虹を追う少年  
 ブルフローラ口寄せムーン・ファーム
 モーグルズ・フェイブルズ
 コスミッシェス・インテルメツォー:夜男爵の言葉の終末
 カイメラ氏の英雄詩講座その4エッダ
 
10デカンションへの旅(1)
 11
デカンションへの旅(2)第1章・第2章>
 12. 
<デカンションへの旅(3)断章1・2>
 13デカンションへの旅(4)断章3彼方へ>

カイメラ氏の英雄詩講座
 第1回:サロン3<ギルガメシュ叙事詩>
 第回:<ホメロス>
 第<ベオウルフ>
 第4回:サロン9<エッダ>
 第5回<ユーカラ瞥見>
 第6回 <ロランの歌>

英雄詩講座ノート

   @ 歌謡と叙事詩

夜男爵詩集<ネロポリス> 
       <ネロポリスU夜男爵の部屋より
       <Anschauungen―散文詩集夜男爵の部屋より

夜男爵の部屋 (純文学の貯蔵所)第15夜・16夜<最短詩集・七里靴・海のイデア>羽和戸玄人作

                                                                           

 
 雑録・他

   newねころぐ<雑録>

   言葉の玉手箱(「今月の言葉」の集成)

  掲示板

  管理人の部屋(「キャラクター紹介」「幻影館の人生」)
   リンク
  シルクロード浪漫 「星の旅人―指月紀美子作品集」(休止中)

  ヨナ・他(夢遊星人創作集)パブーeBook

Amazon kindle 本
くるえるストーリーズ 夢遊星人作(「ヨナ」他、全12篇の小説)
老人国(現代の理想郷事情)夢遊星人作ファンタジー
沼―幻想小説集 夢遊星人作
闇からの呼び声 (幻夢小説集)夢遊星人作
山人 夢遊星人作
    更新 TOP:2009.10.22 サイト名変更
翻訳城2019.9.13「ペーター・シュレミール――影をなくした人――」
    2019.6.25<L.ハーン「夢魔の感触」>
    2019.6.12<L.ハーン「夢中飛行」>
    2018.1.31<スティーヴンソン「砂丘の冒険・第8・9章」>
サロン・ウラノボルグ:
2012.6.23<デカンションへの旅(4)>
    2012.5.27<デカンションへの旅(3)>
英雄詩講座:2019.7.25<ロランの歌>
    2014.3.26
<ユーカラ瞥見>
夜男爵の部屋2019.6.4<続・最短詩集・海のイデア>羽和戸玄人作
    2019.5.23<最短詩集・七里靴>羽和戸玄人作
    2017.5.29<志馬氏の夢日記(後篇)・夢遊星人作>
    2016.12.14<志馬氏の夢日記・夢遊星人作>
    2016.3.26<夜の中心への旅5・6章「夜への序章3・4」>
ねころぐ:
2020.2.12最新記事<魂の本質><神と自由―無神論について><プラトンのイデア論><因果律と確率(ラプラスの悪魔について)><時間と自我><理性判断と無意識><神観念の発生><三一体としての宇宙構造><心情の自由とニルヴァーナ><知識欲について><苦と個人の運命><非我の実践><第二のおのれ><自我の使命><鶏頭と彼岸花><苦と同苦について><類的意志の反撃><類的意志の克服>
翻訳城便り:2017.5.24 <怪談と推理小説>
管理人の部屋:2018.4.30<幻影館の人生>
    2009.10.22  キャラクター紹介
                                                  
管理人・文責:脩 海
e-mail
eposbungakukan@hotmail.com

開設: 2004.11.17
(上の画像はティコ・ブラーエの天文台ウラニボリUraniborg)